Security Center におけるGenetec Patroller™エンティティの構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

[LPR] タスクから、パトロール車両のサウンド管理、確認バッファー設定、およびヒット遅延を構成できます。

このタスクについて

  • Security Center に追加した Genetec Patroller™ エンティティを選択する場合、コンピューターの [プロパティ] タブでコンピューターの設定を変更できません。
  • [プロパティ] の下にある Genetec Patroller™ エンティティをホストしているコンピューターに関する情報は変更できません。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[LPR] タスクを開き、[ロールとユニット] をクリックします。
  2. LPR Manager の下で、構成する Genetec Patroller™ エンティティを選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  3. [ファイルの関連付け] の下で、ホットリストおよび許可リストの使用方法を構成します。
    LPR Manager ロールから継承
    Genetec Patroller™ はその親 LPR Manager に関連付けられているホットリストと許可リストを使用します。これがデフォルトの設定です。
    指定
    LPR Manager ではなく Genetec Patroller™ ユニットに特定のホットリストまたは許可リストを関連付けます。Genetec Patroller™ エンティティを別の LPR Manager に移動すると、ホットリストまたは許可リストも同じく移動されます。
  4. [サウンド管理] の下で、プレートの読み取り時やヒットの生成時に音声を再生するように Genetec Patroller™ を構成します。また、アプリケーションが最小化されている場合でも音声を再生するかどうかを選択します。
    ヒット時に音声を再生
    Genetec Patroller™ がヒットを生成した時点で音声を再生します。
    読み取り時に音声を再生
    Genetec Patroller™ がプレートを読み取った時点で音声を再生します。
    最小化されていても音声を再生
    Genetec Patroller™ ウィンドウが最小化されている場合でも音声を再生します。
  5. [確認バッファー] の下で、バッファー内に維持できる未確認状態の (許可または拒否されていない) ヒット数を指定します。この制限値に達すると、Genetec Patroller™ は以降のすべてのヒットを自動的に拒否します。この制限を適用するホットリストを (優先度で) 選択することもできます。
    拒否数
    未確認ヒットの許容数
    拒否の優先度
    ホットリストエンティティの作成時に、そのホットリストの優先度を指定できます。この設定で Genetec Patroller™ に対し、バッファー制限を適用するホットリストを指示します。
  6. [ホットリストと許可] の下で、[重複ヒット遅延] 時間を指定します。プレートがヒットを生成した後、この遅延時間が経過するまで、Genetec Patroller™ は同じプレートのヒットを無視します。たとえば、10 分間の遅延を設定した場合、Genetec Patroller™ は 10 分の間、同じプレートを何度読み取っても 1 回しかヒットを生成しません。

タスクの結果

Genetec Patroller™ エンティティは Security Center に構成されます。この設定は、Security Center への次回接続時に、車載コンピューターを実行している Genetec Patroller™ にプッシュされます。

次のタスク

Genetec Patroller™ Config Tool を使用して Genetec Patroller™ を構成します。