障害復旧用の Directory サーバーをセットアップする - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Directory サーバーを障害復旧 サーバーとして構成すると、そのサーバーは負荷分散から除外されます。障害復旧サーバーは、Directory フェールオーバー時にメインサーバーの役割を引き継いだ場合にのみ起動します。

このタスクについて

  • Directory サーバー がリモートロケーションに位置する場合、またはその接続速度が遅い場合は、障害復旧オプションを有効にすることで、そのサーバーが負荷分散に参加してシステムの処理速度を低下させることを回避できます。
  • 障害復旧サーバーは、Directory フェールオーバー時に メインサーバー にならない限り、クライアント接続を受け入れません。
  • Media Router、Health Monitor、Report Manager などのロールは、通常は Directory サーバー上でホストされます。障害復旧オプションを有効にする場合は、その Directory サーバー上でホストされているすべてのロールで [優先度が最大のサーバーで強制実行する] オプションを有効にする必要があります。これにより、プライマリ Directory サーバーがオンライン状態に戻った後も、これらのロールが障害復旧サーバーで実行されることを回避できます。詳細については、ロールのフェールオーバーを参照してください。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. [Directory Manager] () ロールを選択し、[Directory サーバー] タブをクリックします。
  3. サーバーリストの下部で、[詳細] () をクリックします。
    リスト内に追加の [障害復旧] 列が表示されます。
  4. 1 つ以上の Directory サーバーを [障害復旧] サーバーとして選択します。
    注: 障害復旧オプションは Directory サーバーにのみ適用されます。ゲートウェイには適用されません。
  5. [適用] をクリックします。

タスクの結果

選択したサーバーは負荷分散から除外され、Directory フェールオーバー時にメインサーバーとなった場合にのみクライアント接続を受け入れます。