LPR マッチャーの手法: OCR 近似文字処理 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

LPR マッチャーは、光学式文字認識 (OCR) 近似文字処理手法を使用してプレート読み取りの正解率を向上させます。

フォントのデザインによっては、一部のプレート文字が他の文字と非常に似た外観になることがあります。これを「OCR 近似文字」と呼びます。

LPR マッチャーによる「OCR 近似文字処理」の処理方法を構成するには、MatcherSettings.xml ファイルを変更します。詳細については、MatcherSettings.xml ファイル を参照してください。

注: MatcherSettings.xml ファイルで次の LPR マッチャー手法を構成することもできます。
デフォルトのラテン語由来の OCR 近似文字は、次のとおりです。
  • 数字の「0」と文字の「O」、「D」、「Q」
  • 数字の「1」と文字の「I」
  • 数字の「2」と文字の「Z」
  • 数字の「5」と文字の「S」
  • 数字の「8」と文字の「B」
  • 数字の「6」と文字の「G」
要確認: 一致の誤判定が多くなりすぎるため、2 個以上の OCR 近似文字を許容しないでください。
次の例では、1 個の OCR 近似文字を許容するように構成された LPR マッチャーとともに、ホットリストを使用しています。

LPR マッチャーは、ホットリスト内に完全一致「ABC123」を見つけ、ヒットを発生させます。また、1 個の OCR 近似文字が一致しないプレートを探し、ホットリスト内で「A8C123」、「ABC1Z3」、「ABCI23」を見つけ、これらのヒットも発生させます。

LPR マッチャーがプレート「A8CIZ3」(3 個の OCR 近似文字が一致しない) を見つけても、最大 1 個の OCR 誤差を許容するようにシステムが構成されているため、ヒットは発生しません。