スケジュールによる動画アーカイブのバックアップ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

重要な動画を定期的に保存するために、アーカイブ転送を使用してスケジュールに基づき、特定のアーカイブをファイルサーバーまたはネットワークドライブにバックアップできます。

このタスクについて

動画は G64x 動画ファイルに保存され、後で復元できます。バックアップされた動画ファイルは復元しなければ Security Desk で検索できませんが、元のファイルは引き続き検索可能です。

また、バックアップスケジュールを迂回する必要がある場合、動画アーカイブを手動でバックアップすることもできます。

動画アーカイブのバックアップは次の状況で役立ちます。

  • サーバー上でメンテナンスを実行している際、アーカイブを一時的に安全な場所に保管する必要がある場合
  • Archiver に障害が発生し、動画を別の Archiver に復元する必要がある場合

手順

  1. Config Tool ホームページから [動画] タスクを開いて、[ロールとユニット] ビューをクリックし、Archiver を選択します。
  2. [リソース] タブをクリックします。
  3. [アーカイブ転送] セクションで、次のオプションを設定します。
    バックアップフォルダー
    アーカイブが G64x ファイルとして保存される場所。
    ディスクがいっぱいになったときに最も古いファイルを削除する
    ディスクがいっぱいになった際、最も古い動画アーカイブを削除するには、このオプションをオンにします。
    自動クリーンアップ
    バックアップされた動画アーカイブの保持期間 (日単位) を指定するには、このオプションをオンにします。このオプションを有効にしない場合、バックアップされた動画アーカイブはシステムにより自動で削除されず、手動で削除する必要があります。
  4. [高度な設定] をクリックします。
  5. [最大アーカイブ転送スループット] を Archiver がアーカイブ転送用に使用可能な最大帯域幅に設定し、[OK] > [適用] の順にクリックします。
  6. [動画] タスクで、[アーカイブ転送] ビューをクリックします。
  7. [アイテムの追加 ()] > [バックアップ] の順にクリックします。
  8. [転送グループプロパティ] ダイアログボックスで、このアーカイブ転送シナリオに名前を付けます。
  9. [ソース] セクションで、[アイテムの追加 ()] をクリックし、必要なカメラまたは Archiver を選択して、[追加] をクリックします。
    カメラがソースとして選択されると、転送はすべての Archiver から関連する動画を含めます。
    ヒント: Ctrl + Shift キーを押しながらクリックすることで、複数のカメラまたは Archiver を選択できます。
  10. [反復] を行うには、アーカイブ転送のスケジュールを次の中から選択します。
    手動
    手動でアーカイブを転送します。
    1 ~ 59 分おきにアーカイブを転送します。
    毎時
    1 ~ 23 時間おきにアーカイブを転送します。
    日次
    毎日、指定された時刻にアーカイブを転送します。オプションで、転送が完了するまでの最大継続時間を設定します。
    週次
    毎週、指定された曜日の指定された時刻にアーカイブを転送します。オプションで、転送が完了するまでの最大継続時間を設定します。
    注: 日次または週次スケジュールでファイル転送の最大継続時間を設定する場合、進行中の転送は指定された時刻に停止され、次にスケジュールされた転送時に最後に正常終了した転送済み動画フレームから再開します。最大継続時間を設定しないで、次にスケジュールされた転送の開始時にまだ転送が進行中の場合、現在の転送を完了すると新しい転送が開始されます。
    ネットワーク帯域幅が限られている固定カメラの場合、スケジュールに基づくアーカイブの転送が推奨されます。転送のスケジュールはネットワーク要求が低い場合に行うことができます。
  11. [カバレッジ] オプションで、最後の転送以降に蓄積されたすべてのデータを転送するか、設定された日数の範囲のみを転送するかを選択します。
  12. [データ] の下で、[すべて] を選択して最後に正常終了した転送以降のすべてのものを転送するか、[指定] を選択してイベントフィルターに基づく特定のシーケンスを転送します。
  13. [指定] を選択した場合、転送するデータのタイプを次の中から選択します。
    アラーム
    アラームイベント関連の動画セグメントを転送します。アラーム自体の記録は転送されません。
    ブックマーク
    ブックマークが含まれる動画セグメントを転送します。
    入力トリガー
    入力イベントが含まれる動画セグメントを転送します。
    モーションイベント
    [モーションオン] イベントが発生してから [モーションオフ] イベントが発生するまでに録画された動画セグメントを転送します。このオプションは、ユニットモーション検出にのみ適用されます。
    保護された動画
    保護されている動画セグメントを転送します。
    動画分析イベント
    動画分析イベントが含まれる動画セグメントを転送します。
    期間
    指定した期間に録画された動画セグメントを転送します。特定の時間範囲または相対的な時間範囲 (過去 n 日間、時間、分など) を指定できます。
  14. イベントベースの転送のみ: 特定のデータを選択した場合、イベントの前後で転送する必要がある動画の秒数を指定します。
    [モーションイベント] フィルターを選択した場合、この設定は転送に含まれる、モーションオン イベントの前の動画の秒数と モーションオフ イベントの後の動画の秒数を示します。
  15. [保存] をクリックします。
    動画アーカイブはスケジュールされた時刻にバックアップされます。