アクセス・コントロール・ユニット設定の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

最適なパフォーマンスを得るために、Security Center にアクセス・コントロール・ユニットが追加された後で、その設定を構成します。

このタスクについて

Security Center はデフォルトの設定を提供しますが、最適な結果を得るために各エンティティの構成を慎重に検討することを推奨します。

HID および Synergis™ ユニットはさまざまな機能を持っているため、構成要件もさまざまです。Synergis™ ユニットの構成要件の詳細については、 を参照してください。

ヒント: アクセス・コントロール・ユニットの構成にかかる時間を節約するために、1 つ構成してから、共通の設定を残りのユニットにコピーできます。

手順

  1. [アクセスコントロール] タスクを開き、[ロールとユニット] ビューをクリックします。
  2. 構成するアクセス・コントロール・ユニット (HID または Synergis™) を選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  3. [プロパティ] タブで、次のいずれかの操作を実行します。
  4. このユニットにより制御されるエンティティの配線を構成するには:
  5. アクセス・コントロール・ユニットの [周辺機器] タブをクリックします。
    これはリーダータイプや入力端子タイプなど、ユニットに取り付けられた周辺機器の特性を構成する場所です。配線構成を検証し、必要に応じてデバイスに意味のある名前を付けます。
  6. (HID ユニットのみ) [同期] タブを選択し、次のようにユニットを同期する頻度を選択します。
    自動
    これが推奨される設定です。

    Config Tool、Web Client、または Security Desk で構成の変更を保存すると、15 秒後にその変更がアクセス・コントロール・ユニットに送信されます。特定のユニットに影響する構成のみが送信されます。

    日次
    毎日指定された時間にユニットが同期されます。
    毎週指定された曜日と時間にユニットが同期されます。
    手動
    ユーザーが [今すぐ同期] をクリックした場合にのみユニットが同期されます。

    構成の有効期限が切れる前にユニットを同期するようにしてください。

  7. [適用] をクリックします。