画像ファイルからのマップの作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

画像ファイルから背景画像をインポートすることにより、パーソナライズされたサイトのマップや建物のフロアープランを作成できます。

このタスクについて

すべてのマップはエリアに関連付ける必要があります。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[Map designer] タスクを開きます。
  2. [作成] をクリックします。
  3. エリアツリーで、マップに関連付けるエリアを選択し、[新しいエリア] をクリックしてマップを作成します。
  4. (オプション) マップを持つエリアを表すアイコンを選択します (デフォルト = )。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. マップ背景のタイプに対して、[画像] オプションを選択し、[ファイルを選択] をクリックします。
  7. ファイルブラウザーで、ファイルを選択し、[開く] をクリックします。
    注: 画像ファイル、PDF ファイル、および AutoCAD (DXF および DWG) ファイルがサポートされています。
    選択された画像がプレビューウィンドウに表示されます。

  8. 必要に応じて、インポートするレイヤーまたはページを選択し、画像の回転および切り取りを行います。
  9. [高度な設定] () をクリックし、次のオプションを設定します。
    解像度
    画像の解像度。
    バックグラウンド
    画像の背景色。
  10. [次へ] をクリックします。
  11. 次のいずれかのオプションを使用して、マップスケールを設定します。
    注: マップスケールを設定する代わりに、マップをジオリファレンスすることができます。
    部屋
    カフェテリアや講堂などの小さなエリアのフロアープラン。
    建物
    ビルのフロアー、スタジアム、倉庫などの大きなエリアのフロアープラン。
    キャンパス
    空港、ショッピングセンター、または大学構内のサイトマップ。
    市区町村
    市区町村マップ。たとえば、モントリオール、ニューヨーク、パリ、ロンドン、東京など。
    特定のスケール
    マップ上に線を描き、その正確な長さを指定します。次に例を示します。
    1. 画面上部にあるドロップダウンリストから測定単位 (メーター、フィートなど) を選択し、既知の測定値と一致する単位数を定義します。
    2. [線を描画] をクリックします。
    3. マップ上でマウスをクリックしてドラッグし、線を描画します。
    4. 線の両端を移動して、既知の 2 つの測定ポイントに合わせます。
  12. [作成] をクリックし、マップを生成します。
    作成されたマップは Map designer ワークスペースに表示されます。
  13. デフォルトのマップビューと他のプリセットを構成します。
  14. 誰かがこのマップを開くときに表示されるデフォルトの情報を構成します。
  15. [Map designer] ツールバーで、[保存] () をクリックします。