脅迫 PIN の有効化 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

万一カード所有者がドアのロック解除を強制される場合、自明でない方法でアラームをトリガーする機能は従業員の安全を確保するのに役立つ場合があります。脅迫 PIN は入場を許可すると同時に 脅迫 PIN 入場イベントを生成し、システムアクションのトリガーに使用できます。

このタスクについて

脅迫 PIN の使用には、Security Center 5.7 SR2、Synergis™ Softwire 10.7、およびカードと PIN に設定されたリーダーが必要です。

脅迫を合図するには、許可されたカード所有者がバッジを提示し、正規の PIN の最後の桁に 1 を加算して入力する必要があります。たとえば、正規の PIN が 1234 である場合、脅迫 PIN は 1235 になります。最後の桁が 9 の場合、0 になります。たとえば、9999 であれば 9990 になります。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[エリアビュー] タスクを開きます。
  2. 変更するエリアを選択し、[詳細] をクリックします。
  3. [脅迫 PIN] の下で、[ステータス] スライダーを [オン] に設定します。
  4. [適用] をクリックします。
    [脅迫 PIN] 設定に対して行われるすべての変更は [監査証跡] レポートで追跡されます。