インポートツールについて - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

インポートツールは、コンマ区切り値 (CSV) ファイルから、カード所有者、カード所有者グループ、および認証情報をインポートできるようにするツールです。

CSV ファイルは、区切り文字 (コンマ、スペース、ピリオドなど) でフィールドを区切ったプレーンテキストである必要があります。テキストファイル内の区切られたフィールドは、名、姓、カード所有者グループ、従業員の写真のパスとファイル名などの値を表します。

インポートツールを使用できるようにするには、システム内でこのツールの Security Center ライセンスを有効にする必要があります。管理ユーザーのみがこのツールを使用できます。

インポートツールをスケジュールに基づいて使用するには、ファイルからインポート アクションを使用します。

インポートツールの使用方法

インポートツールを使用して、以下の操作を実行できます。
  • 認証情報のみをインポートする:
    • 認証情報名
    • カード形式
    • 施設コード
    • カード番号
    • ステータス
    • 認証情報有効化日
    • 認証情報有効期限日
    • パーティション
  • カード所有者のみをインポートする:
    • カード所有者名
    • 説明
    • 写真
    • 電子メール
    • ステータス
    • カード所有者有効化日
    • カード所有者有効期限日
    • カスタムフィールド
    • カード所有者グループ
    • パーティション
  • カード所有者と認証情報をまとめてインポートする (この場合、カード所有者と認証情報は同じ行に指定され、自動的にリンクされます)

  • 古い認証情報を新しい認証情報に置き換える

インポートツールの制限事項

異なるパーティションのメンバーである複数のカード所有者をインポートし、CSV ファイルにカード所有者グループが指定されていないか、1 つだけ指定されている場合、インポートされたカード所有者はすべてのパーティションに追加されます。