ネットワークの追加 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

システムが複数のネットワークをまたがって広がっている場合、またはユーザーがインターネット経由でメインサーバーと接続することを許可する場合、ネットワークビューを構成して、付加的なネットワークを追加する必要があります。

手順

  1. [ネットワークビュー] タスクを開きます。
  2. サブネットを作成する場合、ネットワークツリー内の親ネットワークを選択します。それ以外の場合は、デフォルトのネットワークを選択します。
  3. [ネットワーク] () をクリックし、ネットワークエンティティの名前を入力します。

    ネットワークの [プロパティ] タブが自動的に表示されます。

  4. [機能] ドロップダウンリストから、ネットワーク上でライブ動画をストリーミングするためのデータ転送タイプを選択します。
    ヒント: 常にネットワークがサポートする機能の最大セットを選択します。
    ユニキャスト TCP
    TCP プロトコルを使用したユニキャスト (1 対 1) 通信が最も一般的な通信モードです。すべての IP ネットワークでサポートされますが、動画を転送するには最も非効率な方法でもあります。
    ユニキャスト UDP
    UDP プロトコルを使用したユニキャスト (1 対 1) 通信。UDP はコネクションレスプロトコルであるため、ライブ動画の転送に適しています。ネットワークトラフィックがビジー状態でも、UDP で不安定な動画になる可能性は TCP に比べると大幅に低くなります。ユニキャスト UDP をサポートするネットワークは必然的にユニキャスト TCP もサポートしています。
    マルチキャスト
    マルチキャストは最も効率的なライブ動画の転送方法です。ネットワークで転送された動画ストリームを、必要な数だけの宛先で受信できます。多数の宛先がある場合、そのゲインはかなり大きくなります。マルチキャストをサポートするネットワークは必然的にユニキャスト UDP とユニキャスト TCP もサポートしています。
    注: マルチキャストには特殊なルーターとスイッチが必要です。機能をマルチキャストに設定する場合は、その前に IT 部門に確認してください。
  5. [ルート] セクションの下で、デフォルトで作成されるすべてのルートが有効であることを確認します。
    • 同じサブネット内にあるサーバー間でパブリックアドレスを使用できない場合、デフォルトの機能を変更するか、またはプライベートアドレスの使用を強制する必要がある場合があります。ルートを編集するには、リスト内で選択し、[アイテムの編集] () をクリックします。
    • このネットワークとシステム上の別のネットワークの間に接続がない場合、ルートを選択し、[削除] () をクリックします。
    • このネットワークと別の子ネットワークの間に直接のルートを追加し、親ネットワークを迂回した方が良い場合があります。
  6. [適用] をクリックします。