Map Manager の構成タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Map Manager ロールの設定を構成するには、Security Center Config Tool の [システム] タスクで [ロール] ビューを使用します。

Map Manager - [プロパティ] タブ

[プロパティ] タブをクリックして、このロールのデフォルト設定を変更し、このロールで管理される外部リソース (マッププロバイダーや KML オブジェクトなど) を構成します。

マッププロバイダー
使用許可が与えられているサードパーティのマッププロバイダー (GIS) のリスト
マップレイヤー
任意のジオリファレンスマップ上に表示できる、インポートされた KML オブジェクトのリスト。各 KML オブジェクトが個別のマップレイヤーに対応します。これらのレイヤーは Security Desk ユーザーが表示/非表示を切り替えることができます。
キャッシュの場所
キャッシュとは、マップタイルが保管されるフォルダーのことです。画像ファイルからマップを作成すると、このロールにより、マップを表示する必要があるズームレベルごとに「マップタイル」と呼ばれる一連の小さい画像が作成されます。マップのスケールが大きいほど、ロールが生成するマップタイルの数が増えます。デフォルトのフォルダーは C:\ProgramData\Security Center\Maps です。
ポート
Map Manager がクライアントアプリケーションとの通信に使用する HTTP ポート(Default=8012)
デフォルトマップ
システムのデフォルトマップ (「グローバル・デフォルト・マップ」とも呼ばれます) は、ユーザーがパーソナライズしたデフォルトマップを構成していない場合に使用されます。最初のマップを作成した後でなければ、グローバル・デフォルト・マップを設定できません。

Map Manager - [リソース] タブ

このロールに割り当てるサーバーを構成するには、[リソース] タブをクリックします。 Map Manager ロールにはデータベースは必要ありません。
サーバー
このロールをホストしているサーバー