回転式改札口の訪問者同行の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

訪問者同行を必須とすることで、回転式改札口でアクセス可能なエリアのセキュリティが向上します。Config Tool を使用して、訪問者ホスト構成に関する制限を設定し、訪問者代表団のサイズ制限を追加できます。

このタスクについて

回転式改札口の訪問者同行には Security Center 5.7 SR2 以降と、ダムインターフェイスを持つ Synergis™ Softwire 10.7 以降が必要です。

手順

  1. [アクセスコントロール] > [一般設定] をクリックし、[カード所有者グループは訪問者と同行可能] を [オフ] に設定します。

    このオプションを [オン] のままにすると、訪問者行方不明およびテールホストがありませんイベントがトリガーされません。

  2. (オプション) [1 人のホストごとの訪問者を制限] を [オン] に設定し、制限を設定します。
    注: 定義される数は 1 人のホストごとの限度ではなく、2 番目のホストを追加する必要が生じるしきい値です。2 ホスト代表団の訪問者数に制限はありません。
  3. [適用] をクリックします。
  4. [システム] > [一般設定] > [カスタムフィールド] をクリックし、[アイテムの追加] () をクリックします。
  5. [エンティティタイプ] リストから、[ドア] () を選択します。
  6. [ドアタイプ] リストから、[ブール値] を選択します。
  7. [名前] フィールドに [回転式改札口] を入力します。
  8. [保存して閉じる] > [適用] をクリックします。
  9. [エリアビュー] タスクで、エンティティツリー内のエリアをクリックします。
  10. [詳細] タブの下で、[訪問者同行ルールの施行] を [オン] に設定します。
  11. (オプション) アンチパスバックを [オン] に設定します。
  12. エンティティツリー内のエリアのドアを選択します。
  13. [カスタムフィールド] をクリックし、[回転式改札口] を選択して、[適用] をクリックします。
  14. (オプション) [ID] をクリックし、アイコンを回転式改札口 () に設定します。
  15. [プロパティ] をクリックします。
  16. [訪問者同行ルールと連続入場制限ルール] の下で、[カード提示間の最大遅延] をデフォルトの 5 秒よりも高い値に設定し、訪問者がバッジを提示して回転式改札口を通過するのに十分な時間を提供します。
    訪問者は認証情報を提示し、設定された遅延内に入場する必要があり、そうでない場合は訪問者行方不明イベントがトリガーされます。
  17. [適用] をクリックします。
  18. [カード所有者管理] タスクで、ホストが指定されているカード所有者の [訪問者と同行可能] オプションが [オン] に設定され、その他の全カード所有者の [訪問者と同行可能] が [オフ] に設定されていることを確認します。
  19. [保存して閉じる] をクリックします。
    5.7 SR2 より前の Security Center バージョンで作成されたすべてのカード所有者の [訪問者と同行可能] オプションはデフォルトでアクティブになっています。[構成をコピー] ツールの [オプション] チェックボックスを使用して、複数のカード所有者の [訪問者と同行可能] オプションを同時に非アクティブ化できます。[オプション] チェックボックスは次の値をコピーします。
    • 延長許可時間の使用
    • 訪問者と同行可能
    • アンチパスバック ルールを免除
    • セキュリティクリアランス

    この機能は一致するオプション値を持つカード所有者のみに使用してください。