データベースを復元する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

サーバーの復元、別のコンピューターへのサーバーの移動、Microsoft SQL Server の再インストールまたはアップグレードを行った直後、あるいは構成の誤りを元に戻す必要がある場合は、旧データベースを復元できます。

始める前に

旧データベースを復元する前に、現在のデータベースをバックアップします。バックアップの際に [バックアップファイルを圧縮する] を選択した場合は、バックアップファイルを圧縮解除してからでないと、データべースを復元できません。

このタスクについて

Directory データベースの場合を除き、すべてのロールのデータベースは Config Tool を使用して復元できます。Directory データベースを復元する場合は、Server Admin の [メインサーバー] ページを使用する必要があります。ただし、いずれの場合も手順はほとんど同じです。したがって、ここでは Config Tool を使用してデータベースを復元する方法のみを説明します。
注: 以下の場合は例外です。
  • [動画] タスクの [アーカイブ転送] ページを使用してバックアップした Archiver ロールまたは Auxiliary Archiver ロールのデータベースを復元する場合は、動画アーカイブを復元するを参照してください。
  • ミラーリング・フェールオーバー・モードが有効になっている場合、Server Admin を使用して Directory サーバーを復元することはできません。データベース・ミラーリング・セッション がアクティブになっている場合のバックアップと復元に関する制約事項について詳しくは、Microsoft SQL Server データベースのミラーリングに関するドキュメントを参照してください。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. ロールを選択してから [リソース] タブをクリックします。
  3. [バックアップ/復元] () をクリックします。
  4. [バックアップ/復元] ダイアログボックスで、[フォルダーの復元] フィールドの横にある [フォルダーを選択] () をクリックし、復元するバックアップファイルを選択します。
    注: ファイルのパスは、ロールをホストしているサーバーを基準とした相対パスです。Config Tool を実行しているワークステーションが基準ではありません。
  5. [今すぐ復元] をクリックします。

タスクの結果

データベースの現在の内容が、バックアップファイルから復元された内容で置き換えられます。