トラブルシューティング: HID OMNIKEY USB リーダーでドライバーのインストールが失敗する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

HID OMNIKEY USB リーダーを使用して認証情報を登録しようとするたびに、ドライバーのインストールに失敗したことを通知するエラーメッセージが Windows から返される場合、この問題を解決するためのトラブルシューティング手順があります。

始める前に

  • ワークステーションから OMNIKEY リーダーの接続を切断します。
  • Security DeskConfig Tool を閉じます。

このタスクについて

この問題の一般的な原因は、Windows がリーダーに適切なドライバーを見つけられないことにあります。Windows はデフォルトの USB ドライバーをインストールしようとするため、異常な動作が観測されるまでは、リーダーが正常に機能しているように見えます。このような動作が発生しないようにするには、リーダーのメーカーが提供しているそのタイプのリーダーに固有のドライバーをインストールすることをお勧めします。

手順

  1. Security Center と互換性のある OMNIKEY リーダーを使用していて、リーダーが適切に構成されていることを確認します。
    互換性のあるデバイスと構成設定のリストについては、Genetec™ TechDoc Hub にアクセスして Knowledge Base 記事 KBA01374 を参照してください。
  2. OMNIKEY Smart Card Reader User Guide』で説明している手順に従って、ドライバーをインストールします。
    このガイドは HID のウェブサイト (http://www.hidglobal.com/documents) から入手できます。
  3. インストールが完了したら、Security Desk を起動し、リーダーが有効にされていることを確認します。
  4. 認証情報の登録を再試行します。

タスクの結果

エラーメッセージは表示されないはずです。