駐車許可の作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center で許可エンティティを使用するには、許可を作成し、ソース・テキスト・ファイルにマップして、施行シナリオ用に構成する必要があります。

このタスクについて

大学駐車場管理を使用する場合、許可に制限を適用して、施行ルールを作成する必要もあります。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[LPR > 許可] をクリックし、[許可] () をクリックします。

    [許可の作成] ウィザードが開きます。

  2. [基本情報] ページの [エンティティ名] フィールドに、許可の名前を入力します。
    この名前は Genetec Patroller™ の許可選択ページに表示されます。
    重要: 許可エンティティ名は許可リスト・ソース・ファイルの [カテゴリ] フィールドに一致している必要があります。
  3. (オプション) [エンティティの説明] フィールドに、新しい許可の説明を入力し、[次へ] をクリックします。
    このフィールドは Genetec Patroller™ に表示されません。
  4. 許可リストのソースファイルが存在するコンピューター上の [パス] を入力します。

    ネットワークドライブへのパスの入力を開始すると、[ユーザー名] および [パスワード] フィールドが表示され、ネットワークドライブにアクセスするためのユーザー名とパスワードを入力する必要があります。

  5. ソース・テキスト・ファイル内の属性フィールドの長さが異なる場合、[区切り文字を使用] オプションを [オン] に切り替え、各フィールドを区切るために使用される文字 (区切り記号) のタイプを入力します。

    デフォルトでは、[区切り文字を使用] は [オン] に設定され、区切り文字としてセミコロン (;) が指定されています。ソース・テキスト・ファイルが固定長フィールドで構成されている場合、[区切り文字を使用] を [オフ] に設定します。Security Center は次の区切り文字をサポートしています。

    • コロン (:)
    • コンマ (,)
    • セミコロン (;)
    • タブ (“Tab” と入力)
    重要: ソース・テキスト・ファイルがタブを区切り文字として使用する場合、ただ 1 つのタブスペースを使用します。ファイル中の列を調整するために複数のタブスペースを使用しないでください。そうでないと、Security Center は許可リストを解析できない可能性があります。
    注: Genetec Patroller™ を 64 ビットモードで使用している場合、エントリの最大数は 180 万です。それ以上のエントリを追加すると、システムの応答が遅くなります。
  6. (オプション) Security Desk でユーザーにこの許可の編集を許可しない場合は、[エディターで表示] をオフにします。
    注: Security Desk で許可を編集するには、ユーザーにはホットリスト/許可エディター権限が必要です。
  7. 許可の [属性] を構成し、[次へ] をクリックします。ホットリストおよび許可属性の構成を参照してください。
  8. [LPR Manager 割り当て] ページで、次のいずれかを選択し、[次へ] をクリックします。
    • [すべての LPR Manager]。すべての LPR Manager とそれらの許可を継承するよう構成されたすべてのエンティティは、新しい許可を同期します。
      注: 将来の LPR Manager は新しい許可を自動同期しません。
    • [特定の LPR Manager]。選択した LPR Manager とそれらの許可を継承するエンティティのみが、新しい許可を同期します。
      注: 選択した LPR Manager のうちの 1 つの許可を継承するよう構成された、将来作成されるエンティティも、許可を同期します。
  9. [ユニット別割り当て] ページで、新しい許可を同期する特定のパトロール車両や Sharp カメラを選択し、[次へ] をクリックします。
  10. (オプション) 許可にカスタムフィールドが存在する場合、[カスタムフィールド] ページで適切な値を入力し、[次へ] をクリックします。
    注: [カスタムフィールド] ページはホットリスト内にカスタムフィールドがある場合にのみ表示されます。
  11. [作成概要] ウィンドウで許可情報が正しいことを確認し、[次へ] をクリックします。
  12. [エンティティの作成結果] ウィンドウで、操作が正常終了したかどうかの通知を受けます。
  13. (オプション) 次のいずれかを選択します。
    • [この許可を編集] します。許可を編集できるように、[ホットリスト/許可エディター] タスクを開きます。
      注: 許可を編集するには、ユーザーにはホットリスト/許可エディター権限が必要です。
    • [この許可に基づいて許可を作成:] 直前に作成した許可と同じ設定を使用する新しい許可を作成します。指定する必要があるのは、[エンティティ名]、[エンティティの説明]、および [許可パス] のみです。
  14. [閉じる] をクリックします。

タスクの結果

Security Center で許可エンティティが構成および有効化されます。