Web Server ロールについて - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Web Server ロールは、ユーザーがリモートから Security Center にアクセスするための Security Center Web Client というウェブアプリケーションを構成するために使用します。作成するロールごとに、ユーザーが Web Client にログオンする際にウェブブラウザーに入力する一意のウェブアドレス (URL) と Security Center からのアクセス情報を定義します。

Web Server ロールの複数のインスタンスが許可されます。たとえば、ローカルユーザー用に 1 つのロールを作成し、インターネット経由で Security Center ネットワークにアクセスするリモートユーザー用に別のロールを作成できます。

個々の拡張サーバーにロールを導入することをお勧めします。

各ロールに一意の URL を割り当てる必要があります。URL の形式は、https://<コンピューターのホスト名または IP アドレス>:<ポート>/<Web アドレス> です。

同じサーバー上で複数のロールを作成する場合は、ロールごとに異なる HTTPS ポートまたは Web アドレスを使用する必要があります。そうしないと、ロールエンティティが黄色に変わり、エンティティ警告イベントが生成されます。

デフォルトは、HTTP ポート 80 および HTTPS ポート 443 です。