エリア収容数限度の定義 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

最大収容数限度の設定は、安全上または法律上の理由により、特定のエリアにいる人の数を制御するために役立ちます。設定された限度を超過するとイベントがトリガーされ、さらなるアラームおよびアクションのトリガーに使用できます。

始める前に

次の操作を実行します。
  • 保護されたエリアを作成および構成します。
  • アンチパスバックを有効化し、ハードおよび厳格に設定して、スケジュールを常時に、また [プレゼンスタイムアウト] を 0 に設定します。
  • エリアの周囲ドアに対してロック解除スケジュールが設定されていないことを確認します。

このタスクについて

最大収容数には Security Center 5.7 SR2 以降と、Synergis™ Softwire 10.7 以降が必要です。

手順

  1. [エリアビュー] タスクから、エリアを選択し、[詳細] をクリックします。
  2. [最大収容数] の下で、次の項目を設定します。
    ステータス
    最大収容数の機能を有効にする場合は、[オン] に設定します。[最大収容数] 制限をエリアに対して有効にすると、次のイベントが生成されます。
    • 最大収容数に達しました: エリアでの収容数が構成済みの制限に達した場合。このイベントにより、エリアは警告状態になります。
    • 最大収容数が超過しています: 最大収容数を超えるカード所有者がエリアに入場した場合
    • 最大収容数に達していません: 収容数が構成済みの制限を下回った場合
    タイプ
    次のうちから選択します。
    • ハード: 最大収容数の制限に達すると、エリアの周辺ドアに対する以降のアクセス要求が拒否されます。
    • ソフト: 以降のアクセス要求は拒否されません。
    最大収容数限度
    エリアで収容できる人数を入力します。この値に達すると、制限がトリガーされます。
  3. [適用] をクリックします。

    Security Desk の [人数カウント] タスク内のエリアビューはエリアにいるカード所有者の人数を追跡し、エンティティツリー内のエリアの横にその数値を表示します (たとえば、6 人が限度で 3 人しかいない場合は "3/6" と表示されます)。エリアが収容数に達すると、エンティティは黄色に変わります。追加のカード所有者がエリアに入場した場合、数値は赤に変わります。

タスクの結果

最大収容数イベントは Security Desk の [モニタリング] または [マップ] タスクでモニタリングできます。