モーション検出の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

カメラ画像中に検出されるモーションのモニタリングとレポートを行うには、動画ユニットのモーション検出を構成する必要があります。

始める前に

ユニットがモーション検出をサポートしていることを確認します。

このタスクについて

モーション検出は Archiver またはユニットにより、動画画像全体 (デフォルト) または特定のエリア (モーションゾーン) のみで実行できます。
要確認: H.264 および MPEG-4 ストリームに対しては、P フレームの分析によりソフトウェアモーション検出が実行されます。カメラのキーフレーム間隔およびフレームレート設定を構成する際は、動画ストリームがキーフレームのみで構成されているのではないことを確認します。

詳細なモーション検出の構成については、GTAP ウェビナーをご覧ください。

手順

  1. Config Tool ホームぺージから、[動画] タスクを開きます。
  2. 構成するカメラを選択し、[モーション検出] タブをクリックします。
  3. [モーション検出] オプションを [オン] にします。
  4. [検出元] オプションから、モーション検出が Archiver または動画ユニットのどちらで行われるかを選択します。
  5. [感度] オプションで、モーションブロックとして強調表示するのに、2 つの連続するフレーム間でどれだけの違いをブロック内で検出しなければならないかを選択します。
    空白の壁を表示するといった平板な画像は、多くの詳細を含む画像に比べてノイズを生成する傾向があります。
    ヒント: 初めに高いを値を設定し、画像中の誤ったモーション読み取りが数個になるまで、値を徐々に低くします。

    感度は自動で調整することもできます。

  6. [連続フレームヒット数] オプションで、明確なモーションヒットを生成するのにモーションオンしきい値が達する必要がある、1 行のフレーム数を選択します。
  7. モーション検出ゾーンを定義します。
  8. 次のように、各モーションゾーンのモーション検出基準を設定します。

    これらの値が低すぎると、モーションの検出頻度が高くなりすぎます。これらの値が互いに近すぎると、多数の連続した モーションオン および モーションオフ イベントが発生する可能性があります。

    モーションオンしきい値
    有意なモーションとして報告される、モーションブロック の最小検出数を指定します。[連続フレームヒット数] と組み合わせて、明確なモーションが検出されます。
    モーションオフしきい値
    モーションブロックの数が 5 秒以上 [モーションオフしきい値] に設定された値を下回ると、モーションの終了が検出されます。
  9. 各モーションゾーンでモーションが検出されるときに生成するイベントタイプを選択します。