タスクワークスぺースの概要のメンテナンス - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

メンテナンスタスクでは、メンテナンスとトラブルシューティングを目的に、Security Center システム内のエンティティ、アクティビティ、イベントに対するカスタマイズクエリを生成できます。

このセクションでは、メンテナンスタスクのレイアウトをひと通り紹介し、ほとんどのメンテナンスタスクに共通する要素について説明します。ここでは例として、[アクセス権限構成] タスクを使用しています。[アクセス権限構成タスク] を開くには、ホームページ上の [検索] ボックスにそのタスク名を入力します。

A 検索結果の数 検索で返された結果の数が示されます。クエリから返される行数が多すぎる場合は、警告が表示されます。その場合、クエリフィルターを調節して結果の数を減らしてください。
B クエリフィルター クエリタブでフィルターを使用して、クエリを設定します。フィルターの見出しをクリックすると、そのフィルターがオン () またはオフに切り替わります。無効なフィルターは、警告またはエラーとして表示されます。フィルターにマウスのカーソルを合わせると、無効になっている理由を確認できます。
C レポートをエクスポート/印刷 レポートが生成された後、エクスポートまたは印刷する場合にクリックします。
D 列を選択 列の見出しを右クリックして、表示する列を選択します。
E レポートパネル レポートの結果を表示します。項目に追加のオプションが関連付けられている場合、リストからその項目をドラッグしてキャンバスのタイルにドロップするか、リスト内でその項目を右クリックすると、追加オプションを確認できます。
F レポートを生成 このボタンをクリックすると、レポートが実行されます。クエリフィルターを選択していない場合、または無効なフィルターを使用している場合は、このボタンが無効になります。クエリの実行中は、このボタンのラベルが [キャンセル] に変わります。[キャンセル] をクリックすると、クエリが中断されます。