Auxiliary Archiver 向けのカメラ録画設定の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

[カメラ録画] タブを使用して、Auxiliary Archiver によって制御されるすべてのカメラの録画設定を構成できます。

始める前に

アーカイブストレージに複数のディスクグループを使用している場合、一時的に録画モードをオフに設定してから処理の最後で再度有効化し、動画ファイルを間違ったディスクグループ上で作成することを避けます。

このタスクについて

  • カメラの録画設定はディスクスペースに影響します。
  • 個々のカメラの [録画] タブで定義される録画設定は Auxiliary Archiver の [カメラのデフォルト設定] タブで定義される設定よりも優先されます。

手順

  1. Config Tool ホームぺージから、[動画] タスクを開きます。
  2. 構成する Auxiliary Archiver を選択し、[カメラ録画] タブをクリックします。
  3. [動画ストリーム] ドロップダウンリストから、Auxiliary Archiver が各カメラに対して録画する必要があるデフォルトの動画ストリームを選択します。動画ストリームは各カメラに対して構成されます。
  4. [録画モード] ドロップダウンリストから、次のいずれかの録画モードを選択します。
    連続
    継続的に録画します。ユーザーは録画を停止できません ()。
    手動
    ユーザーが手動でトリガーしたときに録画します。このモードでは、Security Desk のタイル・コンテキスト・メニューに次のいずれかの方法で Auxiliary Archiver の [録画] ボタンが表示されます。
    • Auxiliary Archiver が録画中でない場合はグレー ()
    • Auxiliary Archiver が録画中の場合は赤 ()
    カスタム
    カスタムスケジュールで録画が指定されます。Installer Assistant で作成したカスタムスケジュールを使用するか、 をクリックして、[システム] タスクを使用して作成したカスタム録画スケジュールを追加できます。[システム] タスクを使用したスケジュールの作成方法の詳細については、スケジュールの作成を参照してください。
    注意:
    同じタイプの録画スケジュール (たとえば、2 つの日次スケジュール) は、各スケジュールに対して構成された録画モードに関係なく、重複して適用できません。スケジュールの競合が存在する場合は、Archiver と動画ユニットがエンティティブラウザーに黄色で表示され、エンティティ警告メッセージが発行されます。
    オフ
    アラームがトリガーされた場合も含め、録画はオフになっています ()。
  5. (オプション) [詳細設定を表示] をクリックし、詳細な録画設定を構成します。次の項目を構成できます。
    録音
    動画と一緒に音声も記録する場合は [オン] に切り替えます。このオプションが機能するには、カメラにマイクエンティティが関連付けられている必要があります。詳細については、カメラ設定の構成を参照してください。
    注: 関連付けられたデバイスが動画エンコーダーと同じユニットに属している必要はありません。しかし、録音を機能させるには、マイクが動画エンコーダーと同じ Archiver によって (同じ Archiver 拡張設定で) 管理されるユニットに属していることを確認してください。
    メタデータ記録
    動画と一緒にメタデータ (オーバーレイなど) も記録する場合は [オン] に切り替えます。
    自動クリーンアップ
    録画された動画の保持期間 (日数) を指定します。この期間より前の動画アーカイブは削除されます。
  6. [適用] をクリックします。