パッシブ認証を使用したログオン - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ログオンユーザー名と、パッシブ認証が有効な ADFS サーバーによりカバーされるドメインが一致することが Security Center によって検出された場合、パスワードを入力するためのウェブフォームへリダイレクトされます。

始める前に

Config Tool を開き、[ログオン] ダイアログボックスで、Directory の名前を入力します。

このタスクについて

パッシブ認証 (別名 Web ベース認証) は、クライアントアプリケーションがユーザーを信頼される ID プロバイダーによって管理される Web フォームにリダイレクトする機能です。ID プロバイダーは、任意の数の認証情報 (パスワード、セキュリティトークン、バイオメトリック照合など) を要求して、不正アクセスに対する多層防御を構築します。これは、多要素認証とも呼ばれます。
注: Config Tool は使用されたすべての有効なログオンパラメーターを記憶し、最後のログオン試行に使用されたパラメーターを自動的に呼び出します。

手順

  1. [ユーザー名] フィールドにユーザー名とドメイン名を続けて入力します (Username@DomainName という形式)。

  2. [パスワード] フィールドをクリックするか、タブキーを押します。
    ドメインでパッシブ認証が有効であることが Security Center により検出されると、ウェブフォームへリダイレクトされます。次のスクリーンショットは一例です。実際のログオンページは異なる場合があります。

  3. ウェブフォームで必要な情報を入力し、[サインイン] をクリックします。
    注: ウェブベース認証を使用して、Admin ユーザーとしてログオンすることはできません。Admin ユーザーとしてログオンするには、[その他のログオン方法] をクリックし、Security Center [ログオン] ダイアログボックスに戻ります。