カメラ (動画エンコーダー) について - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

カメラエンティティは、システム内の 1 つの動画ソースを表します。動画ソースは、IP カメラか、動画ユニットの動画エンコーダーに接続されたアナログカメラのいずれかです。同じ動画ソースから複数の動画ストリームを生成できます。

動画エンコーダーは、標準的な圧縮アルゴリズム (H.264、MPEG- 4、M-JPEG) を使用してアナログ動画ソースをデジタル形式に変換するデバイスです。動画エンコーダーは、動画ユニットに搭載されている多くのデバイスの 1 つです。

各動画エンコーダーでは、用途に応じてさまざまな圧縮スキームと圧縮形式を使用し、1 つまたは複数の動画ストリームを生成できます。IP カメラでは、カメラと動画エンコーダーは不可分のユニットであり、多くの場合、この 2 つの用語は同じものとして使用されます。

カメラ (または動画エンコーダー) は、それを含む動画ユニットを Security Center に追加したときに、自動的に作成されます。