Security Center 5.3 以降のシステムにおける孤立ファイルの検索 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Archiver データベースにより参照されなくなった動画ファイルを検索するために、Security Center インストールフォルダーにある VideoFileAnalyzer.exe ツールを使用できます。

このタスクについて

孤立ファイルは、アーカイブデータベースで参照されなくなった動画ファイルです。孤立ファイルは、手動で削除するまでディスクに残存しています。この状況は、アーカイブデータベースが不注意によって変更されたときに、データベースで参照されている動画ファイルの数とディスクに実際に保存されている動画ファイルの数が一致しないために発生します。

この問題を回避するために、データベースを変更する前にアーカイブのフルバックアップを実行し、データベースを変更した後でバックアップを復元します。

手順

  1. VideoFileAnalyzer.exe ツールを開きます。
    • C:\Program files (x86)\Genetec Security Center 5.8\ (64 ビットコンピューター)
    • C:\Program files\Genetec Security Center 5.8\ (32 ビットコンピューター)
  2. [動画ファイルアナライザー] ダイアログボックスの下部で、[孤立ファイルの検索] をクリックします。
  3. [孤立ファイルの検索] ダイアログボックスで、孤立ファイルを確認するアーカイブデータベースを指定します。
    データベースサーバーとデータベース名は、Config Tool の Archiver または Auxiliary Archiver ロールの [リソース] ページで確認できます。
  4. [スキャンするフォルダー] セクションの下で、[追加] () をクリックしてスキャンするフォルダーを追加し、[OK] をクリックします。
  5. [詳細] > [検索] をクリックします。

  6. [孤立ファイル] セクションでファイルを選択し、次のいずれかを実行します。
    • 選択したファイルをシステムから恒久的に削除するには、[ファイルを削除] () をクリックします。
    • 選択したファイルを別の場所に移動して、アーカイブストレージ容量を解放するには、[ファイルを別のフォルダーに移動] () をクリックします。

      ファイルを移動することで、アーカイブロールの操作に影響を与えずに、ファイルを検査し、将来の扱い方を決定することができます。

    • 選択したファイルをアーカイブデータベースで再インデックス化するには、[ファイルをデータベースに追加] () をクリックします。これにより、選択したファイルは、Security Centerアーカイブレポートを使用して確実に検索できます。
      注: 録画の開始時刻および終了時刻など、基本情報のみが取得されます。この操作は緊急対策としてのみ使用する必要があります。したがって、ファイルを再インデックス化する前にデータベースをバックアップすることが推奨されます。
    追加したフォルダーで見つかったすべてのファイルの削除、移動、またはインデックス化を行うには、対応する色付きボタンをクリックします。