AutoVu™ Free-Flow の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

AutoVu™ Free-Flow を使用するには、システムがナンバープレート読み取り結果を処理する方法および AutoVu™ Free-FlowPay-by-Plate Sync が連携する方法を定義する全般設定を構成する必要があります。

このタスクについて

AutoVu™ Free-Flow を使用するには、駐車ルールおよび駐車ゾーンも構成する必要があります。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[システム > ロール] をクリックします。
  2. 構成する [LPR Manager] を選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  3. [フリーフロー] を選択します。
  4. プレート照合を構成します。
    一致許容しきい値
    この値は、入場時と退場時のプレート読み取りで許容される文字の違いの数を指定します。異なる文字の数がこの値を超えなければ、一致するプレートとみなされます。値を 0 に設定することは、完全一致を意味します。
    重要: この値を大きくしすぎると、読み取られたプレートが誤った車両に関連付けられる可能性があります。デフォルト値は 1 です。
  5. (オプション) サードパーティの決済プロバイダーを使用する場合、ペイバイプレート同期設定を構成します。
    サーバー
    Pay-by-Plate Sync がインストールされているマシンの IP アドレスを入力します。
    ポート
    Pay-by-Plate Sync 接続に使用するポート番号を入力します (デフォルト: 8787)。
  6. (オプション) プレート読み取り結果をサードパーティのシステムに送信する場合、XML エクスポート設定を構成します。
    XML エクスポートフォルダー
    AutoVu™ Free-Flow XML データのエクスポートフォルダーを指定します。
    エクスポートに車両画像を含める
    デフォルトでは、エクスポートされた XML ファイルに車両画像は含まれません。
    注: 車両画像を含めると、XML エクスポートファイルのサイズが大きくなります。
    収容数をエクスポートする
    駐車ゾーン収容状況データを別個の XML ファイルにエクスポートします。
    注: すべての駐車ゾーンに対して 1 個の XML ファイルがエクスポートされます。このファイルは 1 分おきに上書きされます。
    収容数 XML ファイルの例を次に示します。
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <OccupancyExport>
      <RoleId>8817e652-a9ca-4d06-81d7-8db93b5e3819</RoleId>
      <RoleName>LPR Manager</RoleName>
      <ParkingOccupancies>
        <Occupancy>
          <Capacity>100</Capacity>
          <ParkingZoneId>293b9997-19ac-4fd9-99a4-c713fbbe1b96</ParkingZoneId>
          <ParkingZoneName>P1</ParkingZoneName>
          <TimestampUtc>2017-04-05T20:15:00Z</TimestampUtc>
          <Vehicles>5</Vehicles>
          <Violations>1</Violations>
          <EnforcedVehicles>0</EnforcedVehicles>
        </Occupancy>
        <Occupancy>
          <Capacity>200</Capacity>
          <ParkingZoneId>9dab3ef5-197f-4a33-87ae-e85dfa01c0b2</ParkingZoneId>
          <ParkingZoneName>P2</ParkingZoneName>
          <TimestampUtc>2017-04-05T20:15:00Z</TimestampUtc>
          <Vehicles>4</Vehicles>
          <Violations>0</Violations>
          <EnforcedVehicles>0</EnforcedVehicles>
        </Occupancy>
      </ParkingOccupancies>
    </OccupancyExport>
    違反をエクスポートする
    車両が違反している場合、車両情報が別個の XML ファイルとしてエクスポートされます。
    違反 XML ファイルの例を次に示します。
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <InLotViolation>
      <ParkingZoneName>P1</ParkingZoneName>
      <ParkingRuleName>Default parking rule</ParkingRuleName>
      <ParkingZoneId>293b9997-19ac-4fd9-99a4-c713fbbe1b96</ParkingZoneId>
      <SessionId>e6abdbb3-3b1a-e711-8b70-001018e35f7c</SessionId>
      <ParkingRuleId>09e29d39-83da-4cdc-81cc-0191833cb9a6</ParkingRuleId>
      <EntranceRead>
        <DeviceId>1775e575-af23-4387-9546-23ab6c67e619</DeviceId>
        <PlateNumber>L8NJI4</PlateNumber>
        <PlateState>DP</PlateState>
        <ReadId>e4063dad-8264-410b-a50a-c3fdc9375e5c</ReadId>
        <ReadTimestampUtc>2017-04-05T20:08:57.7919418Z</ReadTimestampUtc>
        <UnitId>95b71795-735e-497d-8955-5acc3a0c9388</UnitId>
      </EntranceRead>
      <ViolationReason>ConvenienceTimeExpired</ViolationReason>
      <TimestampUtc>2017-04-05T20:09:57.7919418Z</TimestampUtc>
    </InLotViolation>
    完了したセッションをエクスポートする
    車両が駐車場を退場した時点で、駐車セッション情報が別個の XML ファイルとしてエクスポートされます。
    完了したセッション XML ファイルの例を次に示します。
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <ParkingSessionCompleted>
      <ParkingZoneName>P1</ParkingZoneName>
      <ParkingRuleName>Default parking rule</ParkingRuleName>
      <ParkingZoneId>293b9997-19ac-4fd9-99a4-c713fbbe1b96</ParkingZoneId>
      <SessionId>e6abdbb3-3b1a-e711-8b70-001018e35f7c</SessionId>
      <ParkingRuleId>09e29d39-83da-4cdc-81cc-0191833cb9a6</ParkingRuleId>
      <EntranceRead>
        <DeviceId>1775e575-af23-4387-9546-23ab6c67e619</DeviceId>
        <PlateNumber>L8NJI4</PlateNumber>
        <PlateState>DP</PlateState>
        <ReadId>e4063dad-8264-410b-a50a-c3fdc9375e5c</ReadId>
        <ReadTimestampUtc>2017-04-05T20:08:57.7919418Z</ReadTimestampUtc>
        <UnitId>95b71795-735e-497d-8955-5acc3a0c9388</UnitId>
      </EntranceRead>
      <ExitRead>
        <DeviceId>cefe75b2-7152-45a9-b657-07f10c2880cd</DeviceId>
        <PlateNumber>L8NJI4</PlateNumber>
        <PlateState>QC</PlateState>
        <ReadId>1670f981-7138-47e8-babd-d9e7ab631122</ReadId>
        <ReadTimestampUtc>2017-04-05T20:12:41.663817Z</ReadTimestampUtc>
        <UnitId>0b1a978f-8a45-45a3-9123-263a5f7004de</UnitId>
      </ExitRead>
      <StartTimestampUtc>2017-04-05T20:08:57.7919418Z</StartTimestampUtc>
      <ConvenienceTimestampUtc>2017-04-05T20:08:57.7919418Z</ConvenienceTimestampUtc>
      <ViolationTimestampUtc>2017-04-05T20:09:57.7919418Z</ViolationTimestampUtc>
      <CompletedTimestampUtc>2017-04-05T20:12:41.663817Z</CompletedTimestampUtc>
      <ConvenienceTimeDuration>00:01:00</ConvenienceTimeDuration>
      <GracePeriodDuration>00:00:00</GracePeriodDuration>
      <PaidDuration>00:00:00</PaidDuration>
      <ViolationDuration>00:02:43.8718752</ViolationDuration>
      <EnforcedDuration>00:00:00</EnforcedDuration>
      <TotalDuration>00:03:43.8718752</TotalDuration>
      <CompletedReason>VehicleExited</CompletedReason>
    </ParkingSessionCompleted>
  7. イベント設定を構成します。
    容量のしきい値
    [収容台数しきい値] イベントを生成する駐車ゾーンの収容台数しきい値を指定します。
  8. [適用] をクリックします。