データベースの削除 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ディスクスペースを空けるために、不要になったデータベースを削除できます。

このタスクについて

Directory データベースの場合を除き、すべてのロールのデータベースは Config Tool を使用して削除されます。Directory データベースを削除する場合は、Server Admin の [メインサーバー] ページを使用する必要があります。ただし、いずれの場合も手順はほとんど同じです。したがって、ここでは Config Tool からの削除のみを説明します。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. ロールを選択してから [リソース] タブをクリックします。
  3. ロールの [リソース] タブにある [データベース] ドロップダウンリストから、削除するデータベースを選択します。
    注: これは現在のデータベースである必要はありません。
  4. [データベースを削除] () をクリックします。
    注意:
    確認ダイアログボックスが表示されます。続行すると、データベースが恒久的に削除されます。
  5. 確認ダイアログボックスで、[削除] をクリックします。
    データベースの削除が開始します。ウィンドウが開き、このアクションの進捗状況が表示されます。このウィンドウを閉じ、後で通知トレー内の [データベースアクション] をクリックすることで、すべてのデータベースアクションの履歴を確認できます。
  6. ロールの新しいデータベースを作成します。

次のタスク

ロールを既存のデータベースに接続するか、新しいデータベースを作成します。