Server Admin - [拡張サーバー] ページ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Server Admin の [拡張サーバー] ページには、選択した拡張サーバーに関するすべての設定が表示されます。

アクション

サーバー名の横にある [アクション] ドロップダウンリストをクリックすると、その拡張サーバーに適用できるアクションを確認できます。
使用可能なアクションには次のものがあります。
Directory
有効化
拡張サーバーをメインサーバーに変換します。
Genetec™ Server
コンソール
[デバッグコンソール] ページ (Genetec™ テクニカル・サポート・エンジニア用) を開きます。
再起動
Genetec™ Server サービスを再起動します。このアクションにより、サーバーが一時的に使用不可になります。

メインサーバー接続

このセクションには、拡張サーバーの接続先メインサーバーが示されます。
サーバーアドレス
メインサーバーの DNS 名または IP アドレス
パスワードを変更
このオプションが表示されるのは、拡張サーバーとメインサーバー間の接続が確立されていない場合のみです。パスワードを設定する場合は、これをクリックします。最初の接続が行われると、拡張サーバーは自身のID 証明書 をメインサーバーに送信し、それ以降はパスワードを入力する必要はありません。

ネットワーク

このセクションを使用して、Genetec™ Server サービスで使用するネットワークカードと TPC リスニングポートの構成を行います。
HTTP ポート
Genetec™ Server サービスが、パブリックアドレス上の他の Security Center サーバーから受信するコマンドをリッスンするポート
セキュア HTTP ポート
Genetec™ Server サービスが保護された HTTP 接続に使用するポート
プライベートアドレス
サーバーにインストールされている各ネットワーク・インターフェイス・カード (NIC) に対応するプライベートアドレスのリスト。Security Center アプリケーション間での通信に使用するものだけを選択します。
プライベートポート
メインサーバーが着信接続要求をリッスンするために使用するポート。また、このポートは、すべてのサーバーがプライベート IP アドレスを基に互いに通信するためにも使用します (デフォルト = 5500)。
注: メインサーバー上でこのポートを変更した場合、すべてのサーバーが [ログオン] ダイアログで Directory 名の後に新しいポート番号をコロン (:) で区切って指定する必要があります。これは、すべての拡張サーバーに当てはまります。Server Admin の [メインサーバー接続] セクションで、Security CenterDirectory 名の後に新しいポート番号を続けて指定する必要があります。
レガシーポート
Genetec™ Server サービスが古いバージョンの Security Center で稼働するサーバーからの受信コマンドをリッスンするために使用するポート (デフォルト = 4502)
パブリックアドレス
このサーバーのパブリックアドレス
IPv6 を使用
サーバー間の動画ストリーム配信と通信に IPv6 を使用します (ネットワークがサポートする場合のみ)。
プロキシ
ファイアウォールで保護されたプライベートネットワークのプロキシサーバーとして使用する場合は、このオプションを選択します。

セキュア通信

このセクションを使用して、サーバーが他の Security Center サーバーとの通信に現在使用している ID 証明書 を確認します。
発行先
現在の証明書の対象。ソフトウェアのインストール時に作成された 自己署名証明書 が、GenetecServer-{MachineName} の形式で表示されます。
発行元
証明書発行元の 認証局 (CA)名称。自己署名証明書の場合、発行元と発行先は同じです。
有効期間
現在の証明書が有効な期間
証明書を選択 (ボタン)
このマシンにインストールされているすべての証明書をリストするダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスを使用して、このサーバーに使用する証明書を変更できます。