ハードウェアゾーンの構成タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ハードウェアゾーンは、単一のアクセス・コントロール・ユニットによって制御されます。ハードウェアゾーンはオフラインで機能し、キースイッチを使用するか、スケジュールに従って監視/監視解除することができます。

ハードウェアゾーン - [プロパティ] タブ

[プロパティ] タブをクリックし、このゾーンを定義する入力を構成したり、ゾーンの評価方法を定義したりします。
アクセス・コントロール・ユニット
ハードウェアゾーンを制御するアクセス・コントロール・ユニット
インターフェイスモジュール
入力の選択に使用するインターフェイスモジュール
入力
ゾーンの状態を評価するために組み合わせて使用される入力
演算子
入力状態を組み合わせてゾーンの状態を評価するために使用される論理演算子
関連イベント
ゾーンの状態を表すイベント。ゾーンの状態を無視する場合は、[なし] を選択します。
通常状態
入力の組み合わせがゼロ (0) になる場合
アクティブ状態
入力の組み合わせが 1 になる場合
トラブル状態
監視対象の入力が少なくとも 1 つ必要です。少なくとも 1 つの入力がトラブル状態になったときに、ゾーンはトラブル状態になります。トラブル状態は他のどの状態よりも優先されます。
しきい値の再有効化
同じイベントを再トリガーしない期間

ハードウェアゾーン - [監視] タブ

[監視] タブをクリックし、ゾーンの監視ソースとその監視動作を構成します。
監視ソース
ハードウェアゾーンの監視をキースイッチによって行うか、スケジュールに従って行うかどうかを選択します。
スケジュール
ゾーンの監視期間に対応するスケジュールを選択します。
入力ポイント
キースイッチに配線されている入力を選択します。
遅延
ゾーンが監視対象になった後、ゾーンから退出できるようにするためにオプションで設定できる遅延時間。センサーの起動後、この時間が経過するまでゾーンの監視は解除されます。
監視遅延
ゾーンが監視されるときと、イベントトリガーがアクティブになるときの間の継続時間 (mm:ss)
入場遅延
入場センサーが作動するときと、イベントがトリガーされるときの間の継続時間 (mm:ss)。このオプションにより、出力リレーをトリガーする前にゾーンの監視を解除できます。
カウントダウンブザー
監視遅延に合わせて、カウントダウンブザーをアクティブにする出力リレーを割り当てることができます。
カウントダウン音響器
出力リレーを選択します。
出力の挙動
ブザーの信号パターンを定義する出力の挙動を選択します。