SQL Server 権限の付与 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center Directory ロールが稼働するためには、Windows 管理者 (ログイン名 SYSADMIN) ではないサービスユーザーにサーバー状態の表示 SQL Server 権限を付与する必要があります。

このタスクについて

Security Center によってサポートされている最低の SQL Server サーバーレベルロールdbcreator で、最低の SQL Server データベースロールdb_owner です。したがって、dbcreator ロールのメンバーと db_owner ロールのメンバーにサーバー状態の表示 SQL Server 権限が付与されていることを確認する必要があります。

SQL Server ロールとその機能の詳細については、Microsoft のドキュメントを参照してください。

注: 次の手順は SQL Server 2014 Express 向けです。異なるバージョンの SQL Server を使用している場合、権限の付与に関する情報について Microsoft のドキュメントを参照してください。

手順

SQL Server 権限を付与するには:

SQL Server Management Studio で、次のいずれかを実行します。
  • 次のクエリを実行します: GRANT VIEW SERVER STATE TO [login name]
  • 次のように、ユーザー権限を手動で変更します。
    1. 適切な SQL Server インスタンスを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
    2. [権限] ページをクリックします。
    3. [ログインまたはロール] の下で、変更するユーザーまたはロールを選択します。
    4. [権限] セクションで、[明示的] タブをクリックし、[サーバー状態の表示] 権限の横の [付与] チェックボックスを選択します。
    5. [OK] をクリックします。

次のタスク

Security Center サーバーでローカルに権限を付与されているユーザーの場合、SQL Server 上のユーザーとして追加する必要があります。