ウェブブラウザーを使用した Server Admin の起動 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ウェブブラウザーを使用して、システム内の任意のサーバーで Server Admin を開き、システム内の任意のサーバーの設定を変更できます。

始める前に

Server Admin を使用してシステム内のサーバーにログオンするには、サーバーの DNS 名または IP アドレス、ウェブサーバーのポート、およびサーバーパスワードを知っている必要があります。サーバーパスワードは Security Center サーバーのインストール時に指定され、システム内のすべてのサーバーに対して同じです。

このタスクについて

次の条件が満たされる場合、接続しようとする拡張サーバーがどれかにかかわらず、Server Admin により常にメインサーバーにリダイレクトされます。
  • 拡張サーバーがメインサーバーに接続されている
  • 拡張サーバーとメインサーバーが同じバージョン (X.Y) の Security Center を実行している

手順

  1. 次のいずれかの操作を実行します。
    • ウェブブラウザーのアドレスバーに http://computer:port/Genetec と入力します。ここで、computer はサーバーのホスト名または IP アドレスで、portSecurity Center 拡張サーバーのインストール時に指定されたウェブ・サーバー・ポートです。

      デフォルト値 (80) を使用している場合、ウェブ・サーバー・ポートを省略できます。

    • ローカルホストから Server Admin に接続している場合、Windows スタートメニューの Genetec Security Center フォルダー内の Genetec™Server Admin () をダブルクリックします。
    注: リモートサーバーに接続する場合、Server Admin は常に保護された通信 (HTTPS) を使用します。サーバーが自己署名証明書を使用している場合、ブラウザーにより接続が安全でないと警告されます。警告メッセージを受けた場合、無視して安全でない接続を続行します。
  2. サーバーのインストール時に設定したサーバーパスワードを入力し、[ログオン] をクリックします。
    Server Admin [概要] ページが開きます。