プライバシー保護について - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center のプライバシー保護は、動画ストリームの一部を匿名化またはマスクするソフトウェアです。動いていて、現場の背景の一部ではないと分析されたものは、匿名化またはマスクされます。これにより、個人または動く物体の動きや行動が不明瞭になってモニタリングを続行できなくなるのを避けながら、これらの身元情報を保護できます。

重要: プライバシー保護はネイティブカメラでのみサポートされます。フェデレーションカメラや DVR を使用する場合、およびエッジデバイスで録画を行う場合、プライバシー保護を有効にすることはできません。

Privacy Protector™ ロール

Privacy Protector™ ロールは、Archiver ロールから元の動画ストリームを要求し、これらにデータの匿名化を適用します。プライバシーが保護された (匿名化された) 動画ストリームは Archiver ロールに再送信され、記録されます。

Privacy Protector™ ロールは、ワークロードを複数のサーバーに分散できます。これを、1 つのサーバーだけが常にロールの負荷全体に対応するフェールオーバーと混同しないでください。割り当てられたサーバーの 1 つに障害が発生した場合は、残りのサーバーにワークロードが再分配されます。残りのサーバーが増加した負荷を処理できない場合は、生成されるストリームのフレームが欠落します (破棄されます)。

プライバシー保護と動画ストリーム

カメラのプライバシー保護を有効にすると、次の 2 つの動画ストリームが生成されます。

プライベートストリーム
プライベートストリーム (機密のストリームとも呼ばれる) は、動画ユニットから受信した、動画のコンテンツが匿名化 (マスク) されていない元の動画ストリームです。
重要: プライベートストリームは、プライバシー保護の削除権限を持っているユーザーが明示的に要求した場合にのみ表示できます。
パブリックストリーム
パブリックストリームには、動画の匿名化が適用されたプライバシー保護済みのコンテンツが含まれています。これにより、通常の動画アクセスでは常に匿名化された動画にアクセスすることになります。

プライバシー保護済みのカメラをフェデレーションの対象にする古い Security Center システム (5.6 以前) では、下位互換性を使用して、元のストリームではなく匿名化されたストリームのみを表示できます。

注: 動画をエクスポートすると、タイルに表示されている動画が使用されます。プライバシー保護を削除すると、元の動画がエクスポートされます。

制限事項

  • Auxiliary Archiver は、パブリック (プライバシー保護済みの) 動画ストリームのみを録画します。プライベート (機密の) 動画ストリームを録画するのは Archiver だけです。
  • Archiver によるカメラの暗号化を有効にすると、元のストリームのみが暗号化されます。

詳細については、この動画をご覧ください。使用可能ないずれかの言語で動画字幕をオンにするには、字幕アイコン (CC) をクリックしてください。Internet Explorer を使用すると、動画が表示されない場合があります。この問題を解決するには、[互換表示設定] を開いて [イントラネット サイトを互換表示で表示する] をオフにします。