ダブルバッジアクティベーションについて - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ダブルバッジアクティベーションでは、許可されたカード所有者が二回カードをかざすことで、ドアのロックを解除し、アクションをトリガーできます。次のダブルバッジイベントが発生するまで、ドアのロックは解除されたままになり、アクションは有効な状態を維持します。

ダブルバッジ (ダブルスワイプ) とは、ドアに構成された標準許可時間内に同じカード所有者から 2 回バッジを読み取ることです。最初の読み取りでドアのロックを解除し、2 回目の読み取りで構成済みのアクションをトリガーします。

しくみ

ダブルバッジアクティベーションを使用するには、Synergis™ ユニットによって制御されているドアと、Security Center のドアエンティティ用に構成された [ダブルスワイプ] カスタムフィールドが必要です。このカスタムフィールドは、メンバーに対してダブルバッジアクションの実行が許可されるカード所有者グループを識別します。

カード所有者情報は、ダブルバッジ・アクティベーション・イベントで記録されます。この情報は、以下のレポートの認証情報列に表示されます。
  • カード所有者関連アクティビティ
  • 認証情報関連アクティビティ
  • ドア関連アクティビティ
  • エリア関連アクティビティ

サポートされるインターフェイスモジュール

インターフェイスモジュールは、Synergis™ ユニットがすべてのアクセスコントロールの意思決定を行う依存モードで操作する必要があります。次の表に、サポートされるインターフェイスモジュールと適用される制限を示します。

サポートされるインターフェイスモジュール サポートされる操作モードに対する制限
HID VertX V100 V100 がオンラインである必要があります。縮退モードはサポートされません。
Mercury MR パネル MR パネルがオンラインである必要があります。縮退モードはサポートされません。
Mercury コントローラー コントローラーが依存モードで動作している必要があります。スタンドアロンモードはサポートされません。
Honeywell PW6K1IC Honeywell コントローラーが依存モードで動作している必要があります。スタンドアロンモードはサポートされません。
DDS DDS コントローラーが依存モードで動作している必要があります。スタンドアロンモードはサポートされません。
SALTO SALLIS ダブルバッジでドアのロックが解除された後、プライバシーボタンを押し、もう一度ダブルバッジを使用してロックを通常の状態に戻します。
Aperio 対応のロック Aperio v3 ハードウェアのみがサポートされます。ポーリング間隔を 5 秒に設定する必要があります。この間隔を変更する手順については、『Aperio Online Programming Application Manual』を参照してください。
STid リーダー なし。

制限事項

Security Center 5.7 でダブルスワイプのイベントに対するアクションを構成したユーザーが Security Center 5.8 でネイティブのダブルバッジイベント ([ダブルバッジオン]、[ダブルバッジオフ]) を使用するには、イベントに対するアクションをリセットする必要があります。

回転式改札口やエレベーターでは、ダブルバッジアクティベーションは機能しません。