アラームの作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

システムでアラームがトリガーされるようにするには、アラームエンティティを作成し、そのプロパティをセットアップする必要があります。

このタスクについて

ベストプラクティスとして、状況を最も適切に説明する名前をアラームに付けます。そうすると、アラームがトリガーされた場合に何が発生したかを容易に判別できます。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[アラーム] タスクを開き、[アラーム] ビューをクリックします。
  2. [アラーム] () をクリックします。
    [アラーム] ビューに新しいアラームエンティティ () が表示されます。
  3. アラームの名前を入力し、ENTER キーを押します。
  4. [プロパティ] タブをクリックします。
  5. [優先度] オプションで、状況の緊急性に基づき、アラームの優先度を設定します。
    優先度の高いアラームほど Security Desk の最初に表示されます。
  6. アラームの受信者を追加するには、[受信者] セクションの下の [アイテムの追加] () をクリックし、ユーザー、ユーザーグループ、またはアナログ・モニター・グループをクリックして、[追加] をクリックします。
    受信者はアラームが発生すると通知され、アラームへの対応に責任を持ちます。
  7. 複数の受信者を選択する場合、次の [ブロードキャストモード] オプションからアラームの通知方法を選択します。
    全員同時
    すべての受信者は、アラームがトリガーされた直後に、同時に通知されます。
    順次
    受信者は、アラームのトリガー時刻から計算される指定された遅延時間 (秒単位) をそれぞれ空けて、個別に通知されます。受信者がユーザーグループの場合、ユーザーグループのすべてのメンバーは同時に通知されます。
  8. アラームの説明に役立てるようにエンティティを追加するには、[関連付けられたエンティティ] セクションの下の [アイテムの追加] () をクリックし、エンティティを選択して、[選択] をクリックします。

    関連付けられたエンティティはユーザーがアラーム状況に対応するのに役立ちます。Security Desk でアラームが受信されると、関連付けられたエンティティ (カメラ、ドア、エリア、アラームプロシージャなど) がアラームのモニタリングタスク内のキャンバスに表示されます。

  9. [動画ディスプレイオプション] ドロップダウンリストから、アラームがトリガーされた場合の動画ディスプレイオプションを選択します。
  10. アラームがトリガーされた場合に [アラームのモニタリング] タスクのタイル内で関連付けられたエンティティを自動で回転するには、[コンテンツの循環] オプションを [オン] に切り替え、各エンティティが表示される秒数を設定します。
    注: リスト内のエンティティの順序は、Security Desk での表示順です。イベントによってアラームがトリガーされると、イベントの原因となったエンティティもアラームに関連付けられ、最初に表示されます。
  11. [適用] をクリックします。
  12. [詳細] タブをクリックし、オプションのアラーム設定を構成します。