スケジュールによるデータベースのバックアップ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

データをさらに保護するために、データベースバックアップの定期実行を構成できます。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. ロールを選択してから [リソース] タブをクリックします。
  3. [バックアップ/復元] () をクリックします。
  4. [バックアップ/復元] ダイアログボックスで、[自動バックアップを有効にする] オプションを [オン] に切り替えます。
  5. バックアップを実行する日時を選択します (毎日または週に一度)。
    ヒント: 同じマシン上で複数のデータベースをバックアップする必要がある場合、バックアップ操作をずらすのは良い考えです。
  6. 保持するバックアップファイルの数を指定します。
    注: 手動で作成するバックアップファイルはその数にカウントされません。
  7. [OK] > [適用]の順にクリックします。

タスクの結果

自動バックアップは次にスケジュールされた日時に開始します。