脅威レベルの定義 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

セキュリティスタッフが脅威の状況にすばやく対応することを支援するために、脅威レベルを定義できます。

このタスクについて

管理ユーザーのみが脅威レベルを定義できます。
注意:
システムは脅威レベルが設定される前の状態に自動的に戻りません。脅威がクリアされる際にトリガーされるアクションを明示的に定義する必要があります。

手順

  1. [システム] タスクを開き、[一般的な設定] ビューをクリックして、[脅威レベル] ページをクリックします。
  2. 脅威レベルリストの下部で、[アイテムの追加] () をクリックします。
  3. [脅威レベル構成] ダイアログボックスで、脅威レベルの [名前]、[説明]、[論理 ID] (オプション)、および [] を入力します。
    ヒント: システムレベルで脅威レベルが設定されて Security Desk の背景の色が変わったときに、ユーザーが容易に脅威を識別できるように、各脅威レベルを区別しやすい色を選択します。
  4. 脅威レベルの [有効化アクション] を構成します。

    これらのアクションは、脅威レベルを設定するユーザーの権限および許可とは無関係に、脅威レベルが設定される際にシステムによって実行されます。

  5. 脅威レベルの [無効化アクション] を構成します。

    これらのアクションは、脅威レベルをクリアするユーザーの権限および許可とは無関係に、脅威レベルがクリアされるか、別の脅威レベルによって上書きされる際にシステムによって実行されます。

  6. [OK] をクリックします。

    新しい脅威レベル () が脅威レベルリストに表示されます。

  7. [適用] をクリックします。

次のタスク

脅威レベルを設定する必要があるすべてのユーザーに対して、パブリックパーティションの一部であることを確認し、脅威レベルの設定ユーザー権限が割り当てられていることを確認します。
  • 各エリアで設定されている脅威レベルとセキュリティクリアランスを表示するには、[システムステータス] タスクを使用します。
  • 脅威レベルがいつ誰によって設定およびクリアされたかを確認するには、アクティビティ証跡タスクを使用します。