カメラの動画ストリームの構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Desk で動画のモニタリングを開始する前に、各動画ストリームの使用方法を決定し、そのための適切な設定を構成する必要があります。

このタスクについて

すべての動画ストリーム設定は帯域幅およびアーカイブストレージに影響します。品質、CPU 使用率、およびディスクスペースのバランスを見つける必要があります。

Security Desk はユーザーにとって視覚的な違いが発生する場合にのみ、より高い解像度に切り替えます。したがって、必ずライブストリームは低解像度ストリームよりも解像度が高く、高解像度ストリームはライブストリームよりも解像度が高くなるようにします。

手順

  1. Config Tool ホームぺージから、[動画] タスクを開きます。
  2. 構成するカメラを選択し、[動画] タブをクリックします。
  3. カメラが複数の動画ストリームをサポートする場合、[動画] タブの下部にある動画ストリームタブを選択します。
  4. [動画品質] セクションで、選択された動画ストリームの動画品質設定 (解像度、フレームレートなど) を設定します。
  5. [ストリームの用途] セクションで、選択された動画ストリームの用途を指定します。
    注: ストリームに、用途オプションの全部または一部を割り当てることも、何も割り当てないこともできます。用途が割り当てられていないストリームは動画エンコーダーによって生成されず、ユニット上の CPU が節約されます。
    ライブ
    Security Desk でライブ動画を閲覧する際に使用されるデフォルトのストリーム
    録画
    後で調査するために Archiver で録画されるストリーム
    ヒント: 録画が特定のタイプのイベントによってトリガーされると、録画ストリームの品質が一時的に高まる場合があります。
    リモート
    限られた帯域幅での動画の閲覧に使用されるストリーム
    低解像度
    Security Desk でストリームの閲覧に使用されるタイルが小さい場合、ライブストリームの代わりに使用されるストリーム
    高解像度
    Security Desk でストリームの閲覧に使用されるタイルが大きい場合、ライブ ストリームの代わりに使用されるストリーム
  6. [ネットワーク] セクションの [接続タイプ] ドロップダウンリストから、動画ストリームを送信または受信するために Archiver とカメラの間の通信が確立される方法を選択します。
    ベストエフォート
    ストリームに使用可能な最善の接続タイプを Archiver に選択させます。使用可能な最善の接続タイプは、可用性に応じて次の順でランク付けされます。
    • マルチキャスト (録画ストリームには使用不可)
    • UDP
    • TCP
    • HTTP を介した RTSP
    • TCP を介した RTSP
    ユニキャスト UDP
    ストリームを UDP で Archiver に送信させます。送信するストリームは RTP プロトコルを使用してフォーマット化されている必要があります。
    ユニキャスト TCP
    ストリームを TCP で Archiver に送信させます。この場合の TCP には広い意味があります。カメラのタイプによっては、Archiver がユニットへの TCP 接続を確立して、独自仕様のプロトコルでストリームを受信します。それ以外のカメラでは、ストリームが HTTP を介して送信されます。通常、ユニットが RTP プロトコルに応じてストリームをフォーマット化することはありません。Archiver がストリームを RTP プロトコルに変換してアーカイブするか、システムに再送信する必要があります。
    HTTP を介した RTSP ストリーム
    これは TCP 接続の特殊なケースです。Archiver が RTSP プロトコルを使用して、HTTP トンネル経由でストリームをリクエストします。RTP プロトコルを使用して、ストリームがこのトンネル経由で返されます。ユニットと通信するために必要なポートの数を最小限にするには、この接続タイプを使用します。通常は、NAT またはファイアウォールの背後にユニットを配置した状態でストリームをリクエストするのが最善の方法となります。この場合、NAT またはファイアウォールを使用して、HTTP ポートに送信されるリクエストを簡単にリダイレクトできるためです。
    TCP を介した RTSP ストリーム
    これも TCP 接続の特殊なケースです。Archiver が RTSP プロトコルを使用して、TCP でストリームをリクエストします。リクエストはユニットの RTSP ポートに送信されます。
  7. [適用] をクリックします。
  8. カメラで使用可能な他の動画ストリームを構成します。