駐車ルールの追加と構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

車両をいつどのように駐車できるかを定義する駐車ルールは駐車ゾーンによって大きく異なる場合があります。構成する駐車ルールは 1 つまたは複数の駐車ゾーンに割り当てることができます。

始める前に

サードパーティ製のナンバープレートに対応した駐車 (LEP) 支払いシステムを取り入れる場合、Pay-by-Plate Sync プラグインを使用するすべてのサーバーとクライアントワークステーションにインストールする必要があります。詳細については、Pay-by-Plate Sync プラグインガイドを参照してください。

このタスクについて

次の駐車シナリオがサポートされています。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[LPR] タスクを開き、[駐車ルール] をクリックします。
  2. [駐車ルール] () をクリックします。
  3. [ID] タブで、駐車ルールの名前を変更し、[説明] および [論理 ID] (オプション) を追加します。
  4. [関係] を定義して、[駐車ゾーン] および [アクション] を駐車ルールにリンクさせることができます。
  5. [プロパティ] タブで、次の項目を構成します。
    コンビニエンス時間
    コンビニエンス時間は、車両が駐車ゾーンに入場してから課金が開始されるまでの構成可能な時間的余裕です。たとえば、支払対象時間または駐車場管理が有効になるまでに 2 時間の無料駐車期間を設定する必要がある場合は、コンビニエンス時間を 2 時間に設定します。駐車場管理が直ちに始まる駐車場でも、駐車場管理が始まる前に車両の所有者に駐車場所を見つけて駐車時間を購入するための時間を与えるため、短いコンビニエンス時間を設定する必要があります。
    注:
    • 許可を使用する駐車場をセットアップしている場合、10 分間のコンビニエンス時間を設定できます。これにより、利用者は違反となる前に駐車して許可を購入するための十分な時間を確保できます。または猶予期間を構成することで出場時の利用者を寛大に扱うこともできます。
    • 無料であるものの 1 時間の制限がある駐車場をセットアップしている場合、1 時間のコンビニエンス時間を構成する必要があります。このシナリオはサードパーティ製の駐車許可を使用しないこと、および Pay-by-Plate Sync プラグインを必要としないことに注意してください。
    猶予期間
    寛大な施行の目的で駐車セッションに猶予期間を追加できます。車両の駐車時間の満了に続いて、車両の駐車セッションに違反のフラグが建てられる前に追加時間が付与されます。
  6. システムが Pay-by-Plate Sync プラグインを使用してサードパーティ製の決済システムを取り込む場合、機能をオンにして、次の項目を構成します。
    許可/許可制限
    適用する Pay-by-Plate Sync 許可または許可制限を選択します。
    注: 許可制限には Pay-by-Plate Sync 4.5 またはそれ以降が必要です。
    デフォルトの有効期限の遅延
    Pay-by-Plate Sync 許可の EffectiveDate および ExpiryDate を構成する ことを推奨します (決済プロバイダーによってサポートされている場合)。これによりサードパーティのプロバイダーに対するクエリの量が減少します。有効期限を含まない許可には [デフォルトの有効期限の遅延] が使用されます。この場合、AutoVu™ Free-Flow は駐車許可プロバイダーを検査して、許可が引き続き有効であるかどうかを確認します。この値を増やすと許可検査の頻度が下がります。たとえば、駐車場が 15 分単位で料金を課金する場合、[デフォルトの有効期限の遅延] を 15 分に設定できます。
    コンビニエンス時間と猶予期間
    一時利用で Pay-by-Plate Sync を使用する場合、寛大な施行の目的でコンビニエンス時間と猶予期間を構成することもできます。