Map Manager の WMS マッププロバイダーへの接続 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

WMS サーバーからのレイヤーを使用するマップを作成する前に、マッププロバイダーをセットアップし、使用するレイヤーを選択する必要があります。

このタスクについて

Web Map Service (WMS) 標準は複数のマップを 1 つ以上のジオリファレンス情報のレイヤーに分割します。Map Manager を WMS サーバーに接続すると、レイヤーを有効化または無効化して、マップに表示されるものを制御できます。

Map Manager は WMS プロトコルバージョン 1.3.0 および 1.1.1 をサポートします。

重要: Map Manager は EPSG:4326 を使用するために WMS マップが必要です。すべての非標準投影に ESRI ArcGIS マッププロバイダーを使用します。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. Map Manager ロールを選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  3. [マッププロバイダー] セクションで、[アイテムの追加] () をクリックします。
  4. [マッププロバイダー] ダイアログボックスで、[プロバイダー] ドロップダウンリストから、[WMS] を選択します。
  5. [名前] フィールドに、マッププロバイダーの名前を入力します。
  6. [アドレス] フィールドに、マップサーバーのベース URL を入力します。
    注: サーバー機能が自動的に検出されます。
  7. [接続] をクリックします。
    有効な URL を入力した場合、選択されたマップのプレビューと使用可能なレイヤーのリストが表示されます。デフォルトですべてのレイヤーが選択されます。

  8. 必要に応じて、不要なレイヤーを選択解除します。
  9. [保存] > [適用]の順にクリックします。