LPR ユニット - [プロパティ] タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[LPR] タスクで使用できる、LPR ユニットの [プロパティ] タブの設定について説明します。

[プロパティ] タブでは、Sharp ユニットに関するハードウェアとソフトウェアの情報 (使用されている IP アドレスやポートなど) を確認できます。また、特定のホットリストを Sharp に関連付けることも、Sharp の LPR カメラを Omnicast™ カメラや Sharp 独自の全体像カメラにリンクすることもできます。
プロパティ
Sharp ユニットに関する次のハードウェアとソフトウェアの情報を表示します。
IP アドレス
Sharp ユニットの IP アドレス
ポート
LPR ManagerSharp ユニットとの通信に使用するポート
バージョン
ユニットで実行されている AutoVu PlateReaderServer ソフトウェアのバージョン
タイプ
ユニットのハードウェアのバージョン
シリアルナンバー
工場出荷時に設定されたユニットのシリアルナンバー
Updater Service バージョン
Sharp 上で実行されている Updater Service のバージョン
ファームウェアバージョン
Sharp 上で実行されているファームウェアのバージョン
ネットワーク構成 (固定 Sharp のみ)
IP アドレス
固定 Sharp の IP アドレス。LPR Manager はこの IP アドレスにある Sharp ユニットを検索します。
割り当て
Sharp ユニットが Security Center で登録された経緯。
パッシブ
LPR Manager が Discovery ポートを使用してネットワーク上の Sharp ユニットを検出しました。
アクティブ
Sharp が手動で Security Center Config Tool に追加されました。
ポート
LPR Manager が固定 Sharp ユニットとの通信に使用するポート
デバイス
LPR カメラを Omnicast™ カメラにリンクします。
ファイルの関連付け
ホットリストでの Sharp の動作を選択します。
LPR Manager ロールから継承
Sharp はその親 LPR Manager に関連付けられているホットリストを使用します。これがデフォルトの設定です。
指定
特定のホットリストを Sharp ユニットに関連付けます。このオプションを使用すると、その特定のホットリストでトリガーするイベントに対するアクションを Security Desk で作成できます。たとえば、Sharp を使用して駐車場へのアクセスを可能にする場合、ホットリストに車両のナンバープレートを登録した上で、そのホットリストを Sharp に関連付けることができます。
注: 固定 Sharp を再起動するには、Config Tool ワークスペース下部のツールバーにある [再起動] ボタンをクリックします。[再起動] ボタンが表示されていない場合は、Sharp ポータルの構成ページにログオンし、[リモートからの再起動要求を受け入れる] を選択してください。