アクセス・トラブルシューター・ツール - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

アクセス・トラブルシューター・ツールを使用すると、セットアップ後のアクセス・コントロール・システム (アクセスルールやドアとエレベーターの構成など) をテストしてトラブルシューティングできます。

大規模なシステムには、複数のスケジュール (営業時間/営業時間外/休日/週末/特殊なイベント)、複数のエリアとサブエリア、複数のカード所有者グループなどが存在する可能性があります。システムを構築し、エンティティを作成し続けると、ドアに適用される基本的なアクセスロジックを決定することが難しくなってきます。

アクセストラブルシューターを使用して、次のような情報を得ることができます。
  • 特定の日時にアクセスポイントを通過することを許可されたユーザー
  • カード所有者が特定の日時に使用することを許可されたアクセスポイント
  • 特定のカード所有者が特定の日時にアクセスポイントを使用できる (またはできない) 理由

アクセストラブルシューターは、発生したばかりのイベントを調べるときに最も精度が高くなります。過去のイベント (アクセス拒否イベントなど) を調べるためにトラブルシューターを使用する場合は、そのイベントの発生後に設定が変更された可能性があることにご注意ください。トラブルシューターは、過去の設定を考慮しません。現在の設定のみに基づいて状況を評価します。