Security Center における MIFARE DESFire の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

MIFARE DESFire キーカードをエンコードするか、またはサードパーティ製造ツールで構成されたカードを再エンコードするには、Config Tool で構成を作成する必要があります。

このタスクについて

MIFARE DESFire EV1/EV2 は顧客がキーを定義する 128 ビットの Advanced Encryption Standard (AES) ベースプロトコルです。

手順

  1. [MIFARE DESFire 構成] タスクを開きます。
  2. [MIFARE DESFire 構成] リストの下で、[アイテムの追加] () をクリックします。
  3. 表示されるダイアルボックスで、作成する構成の名前を入力します。
  4. 次のいずれかの操作を実行します。
    • 事前にエンコードされたカードを認識するために Security Center を有効にするには、[構成名フィールド] に名前を入力し、カードに一致するようにフィールドを完成させます。
    • 新規カードのエンコードまたは既存カードの再エンコードを行うには、[カードエンコーディング] チェックボックスを選択し、新規構成の値を設定します。
      注: [カードエンコーディング] を有効にすると、作成する構成のファイルに対して 3 つのオプションが開きます。
  5. カードをエンコードまたは再エンコードする場合、次のオプションを選択します。
    • [カードのフォーマット]: アプリケーションを作成する前にカード上のすべての情報を削除します。
    • [アプリ・マスター・キーの更新]: カード上のアプリケーションのマスターキーを変更します。
    • [フリー作成]: カード・マスター・キーが不明な場合でもアプリケーションの作成を可能にします。
  6. [OK] をクリックし、[保存] をクリックします。
    [MIFARE DESFire 構成] リストに複数の構成がある場合、構成を選択するとアクティブになります。
  7. (オプション) [読み取りモード] をクリックし、キーカードを提示して構成を確認します。
    アクティブな構成に一致するカードは正しく読み取られます。選択した構成と異なる構成を使用するカードを提示すると、読み取り失敗が戻されます。
  8. (オプション) 次のようにカードのエンコードまたは再エンコードを行います。
    1. [MIFARE DESFire 構成] リストから構成を選択します。
    2. [書き込みモード] を選択します。
    3. カードを提示します。
    アクティブな構成に一致するようにカードのエンコードまたは再エンコードが行われます。
  9. 次のように、構成を SmartCardsSites.xml ファイルにエクスポートします。
    1. [エクスポート] をクリックし、SmartCardsSites.xml ファイルをローカルのハードドライブに保存します。
    2. Synergis™ Appliance Portal にログオンし、SmartCardsSites.xml ファイルを Synergis™ ユニットにアップロードします。
      詳細については、を参照してください。
    3. SmartCardsSites.xml ファイルを、MIFARE DESFire 認証情報の構成に使用される各ワークステーションの Security Center インストールフォルダーにコピーします。