アナログモニター - [プロパティ] タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[動画] タスクで使用できる、アナログモニターの [プロパティ] タブの設定について説明します。

[プロパティ] タブでは、動画ストリームの用途 (機能) とアナログモニターのネットワーク設定を構成できます。

動画

[動画] セクションでは、動画の品質に影響を与える設定を構成できます。
ストリームの用途
アナログモニターに表示されたカメラで使用する動画ストリームを選択します。このオプションは、複数の動画ストリームを生成できるデコーダーにのみ使用できます。ストリームの用途のオプションは次のとおりです。
ライブ
Security Desk でライブ動画を閲覧する際に使用されるデフォルトのストリーム
録画
後で調査するために Archiver で録画されるストリーム
リモート
限られた帯域幅での動画の閲覧に使用されるストリーム
低解像度
Security Desk でストリームの閲覧に使用されるタイルが小さい場合、ライブストリームの代わりに使用されるストリーム
高解像度
Security Desk でストリームの閲覧に使用されるタイルが大きい場合、ライブストリームの代わりに使用されるストリーム
アナログ形式
動画信号のアナログ形式として NTSC (National Television System Committee) または PAL (Phase Alternating Line) を選択します。通常、PAL 形式の動画ストリームではフレームレートが低くなりますが、解像度は高くなります。
カメラ名の表示
Security Desk タイル内のアナログモニターにカメラを表示するときにカメラ名を表示する場合は、このオプションをオンにします。

ネットワーク設定

[ネットワーク設定] セクションでは、動画デコーダーで使用する接続タイプを構成できます。
UDP ポート
接続タイプがユニキャスト UDP の場合に使用されるポート番号。エンコーダーが複数の動画ストリームをサポートしている場合、ストリームごとにこのパラメーターは異なります。
接続タイプ
動画ストリームを送受信する際に Archiver とユニットの間の通信を確立する方法を定義します。同じユニット上のデバイスごとにサポートされる接続タイプが異なる場合があります。
ベストエフォート
ストリームに使用可能な最善の接続タイプを Archiver に選択させます。使用可能な最善の接続タイプは、可用性に応じてマルチキャストUDPTCP の順でランク付けされます。ストリームが録画専用として要求された場合、マルチキャストはリストから除外されるため、使用可能な最善の接続タイプは UDP から始まります。
マルチキャスト
ネットワーク上の 1 つの送信側と複数の受信側の間で行われる通信。これは推奨される接続タイプです。このモードでは、帯域幅を一度だけ使用して、複数の場所にいる複数のユーザーが同じソースから同じ動画転送を同時に受信できます。ほとんどの動画ユニットはマルチキャスト転送に対応しています。
UDP
ストリームを UDP で Archiver に送信させます。送信するストリームは RTP プロトコルを使用してフォーマット化されている必要があります。
TCP
ストリームを TCP で Archiver に送信させます。この場合の TCP には広い意味があります。カメラのタイプによっては、Archiver がユニットへの TCP 接続を確立して、独自仕様のプロトコルでストリームを受信します。それ以外のカメラでは、ストリームが HTTP を介して送信されます。通常、ユニットが RTP プロトコルに応じてストリームをフォーマット化することはありません。Archiver がストリームを RTP プロトコルに変換してアーカイブするか、システムに再送信する必要があります。

ハードウェア

[ハードウェア] セクションでは、このアナログモニターに他のハードウェアデバイス (PTZ モーター、スピーカー、マイクなど) を関連付けることができます。デコーダーが初めてシステムに追加されると、デフォルトではそのユニットに属するすべてのハードウェアデバイスが構成されます。物理的な接続方法に応じて、手動でアナログモニターを他のデバイスに関連付けることができます。