Genetec Patroller™ を Security Center に接続する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

LPR Manager が制御対象の Genetec Patroller™ ユニットを検出して通信できるように Genetec Patroller™Security Center を構成する必要があります。

手順

  1. Security Center Config Tool のホームページで [システム] > [ロール] をクリックし、構成する LPR Manager を選択します。
  2. [プロパティ] タブをクリックし、[ライブ] をクリックします。
  3. [リスニングポート] オプションで、Patroller から送信される接続要求をリッスンするポートを選択します。
  4. Security CenterGenetec Patroller™ Config Tool 間の通信を暗号化するには、[通信チャネルを暗号化] オプションを選択します。
    重要: この設定は、Genetec Patroller™ Config Tool でも行う必要があります。
  5. 暗号化オプションが有効でない Patroller からの受信接続も Security Center で受け入れるには、[暗号化されていないメッセージにアクセスする] オプションを選択します。
  6. [適用] をクリックします。
  7. Genetec Patroller™ Config Tool を開きます
  8. Security Center に移動し、[Security Center に接続する] オプションをオンにします。
  9. LPR Manager ロールをホストしている Security Center マシンの IP アドレスを入力します。
  10. Genetec Patroller™ が LPR Manager ロールに接続するために使用するポート番号を入力します。
  11. Security Center Config Tool で [通信チャネルを暗号化] オプションを選択した場合は、[通信チャネルを暗号化] オプションをオンにします。
  12. Security CenterGenetec Patroller™ と接続済みの Sharp ユニットに更新を送信するために使用する更新プロバイダーポートを入力します。
    注: Security Center Config Tool で構成した同じ更新プロバイダーの [リスニングポート] を入力します。詳細については、LPR Manager - [プロパティ] タブ を参照してください。
  13. Security Center に送信するライブイベントを選択します。
  14. [定期転送] で、ホットリストと許可リストの変更を Genetec Patroller™ にダウンロードする頻度を指定します (ライブ接続がある場合)。デフォルトの転送周期は 240 分間隔です。Config Tool のホットリストの [詳細] ページで、特定のホットリスト (許可リストではない) の定期転送を無効化できます。詳細については、『Security Center 管理者ガイド』を参照してください。詳細については、高度なホットリスト設定の構成 を参照してください。
  15. [適用] をクリックします。