カメラの視界をブロックするための壁の描画 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Desk のマップタスクまたはモニタリングタスクでマップが表示される際に、より現実的な効果を作成するために、マップに壁などの障害物を描画することにより、カメラの視界をブロックできます。

このタスクについて

カメラの視界 (FOV) をブロックするのに使用できるのは線、四角形、およびポリゴンのみです。テキスト、画像、および楕円形はブロックに使用できません。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[Map designer] タスクを開きます。
  2. 最近のマップを選択するか、または [すべてのマップの参照] をクリックして、既存のマップを開きます。
    選択されたマップが Map designer ワークスペースを埋めます。
  3. ツールバーで、次のいずれかのツールをクリックし、グラフィカルオブジェクトを挿入します。
    線の描画
    クリック・アンド・ドラッグして、壁を表す単一線区分を描画します。
    四角形の描画
    クリック・アンド・ドラッグして、四角形を描画します。サイズを変更するには、ハンドルをドラッグします。四角形を別のタイプのポリゴンに変更することはできないことに注意してください。
    ポリゴンの描画
    各エンドポイントを一度クリックし、最初のエンドポイントをクリックして、ポリゴンを閉じます。Shift キーを押したままクリックして、2 点間の 1 点を追加または削除します。1 点をダブルクリックして、ポリゴンを閉じずに完成させます。
    右側のパネルにマップオブジェクトを構成するためのウィジェットが表示されます。マップオブジェクトは常に、それが表現するエンティティの ID を引き継ぎます。
  4. [物理的] ウィジェットから、[視界のブロック] を選択し、壁の [高さ] を設定します。この高さをカメラの [視界] ウィジェットで構成された高さと共に使用することで、壁によって生じる死角のマップ上の視覚表現が提供されます。
  5. カメラを選択し、カメラウィジェットで [テスト視界の開始] をクリックして、オブジェクトにより生じる死角をテストします。

    構成
    A [視界のブロック] は駐車場を表す四角形に対して選択されません。
    B [視界のブロック] は駐車場を表す四角形に対して選択されます。
    C [視界のブロック] は駐車場を表す四角形に対して選択され、[高さ] は駐車場とカメラの両方に対して定義されます。
  6. [Map designer] ツールバーで、[保存] () をクリックします。