複数の認証情報の自動登録 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

アクセス・コントロール・システムに多数のカード認証情報を登録する必要がある場合、それらをリーダーに提示することにより、複数のカード認証情報を自動登録できます。

始める前に

カードリーダーにアクセスできる必要があります。提示するカードはシステムで事前定義された形式である必要があります。

これが必要な正しい登録方法であることを確認します。

このタスクについて

登録するすべての認証情報は Security Center システムに対して新規である必要があります。Security Center では同じ認証情報を二度登録することはできないので、以前に登録された認証情報は破棄されます。

手順

  1. [認証情報管理] タスクで、[バッチ登録] をクリックします。
  2. [自動登録] タブで、付近のカードリーダーを選択します。
    選択されたリーダーが、所有しているカード形式をサポートすることを確認します。
  3. [認証情報接頭辞] セクションで、登録された認証情報名のパターンを入力します。
  4. [認証情報のステータス] セクションで、認証情報のステータス、有効化日付、および有効期限日を設定します。
    ステータス
    すべての可能性のある値が受け入れられます。
    有効化
    なし、または指定日にすることができます。
    有効期限
    認証情報の有効期限を設定します。
    無期限
    認証情報に有効期限は設定されません。
    特定の日付
    認証情報は特定の日付と時刻に有効期限が切れます。
    最初の使用時に基づいて有効期限を設定
    認証情報を初めて使用した日から指定の日数を経過した時点で、認証情報の有効期限が切れます。
    使用されていない場合
    特定の日数にわたって認証情報が使用されないと、認証情報の有効期限が切れます。
  5. [セキュリティ] セクションで、登録された認証情報が属するパーティションを選択します。
    このフィールドは認証情報を表示および変更できるユーザーを判別します。
    • パーティションを追加するには、[追加] () をクリックします。
    • パーティションを削除するには、パーティションを選択し、[削除] () をクリックします。
  6. [バッジテンプレート] ドロップダウンリストから、認証情報を表すために使用されるデフォルトのバッジテンプレートを選択します。
  7. [カスタムフィールド] セクションで、カスタムフィールドのデフォルト値を設定します。
    カスタムフィールドは認証情報向けに作成されている場合にのみ使用できます。
  8. 選択されたリーダーでカードを提示します。
    提示されたすべてのカードは [生成された認証情報] セクションに表示されます。

    認証情報の一部がすでに登録されている場合、それらは破棄され、赤のボタンとともにリスト内で拒否のマークが付きます。同じカードを二度提示した場合、瞬間的にリスト内で強調表示されます。

    登録前にカード上の認証情報をエンコードする方法については、認証情報の割り当てを参照してください。
  9. 破棄されたカードをリストから削除するには、選択して、[] をクリックします。
  10. [登録] をクリックします。