トラブルシューティング: 退出申請ドアイベント数が多すぎる - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ドアのログに実際のドアアクティビティよりも多い、過剰な数の退出申請イベントが示されている場合、ドアの [プロパティ] タブのオプションを使用して、誤検出による退出申請イベントの数を削減できます。

このタスクについて

ドアに (モーション検出 センサーベースの) 自動退出申請デバイスが装備されている場合、エリアに人が入場するときに [退出申請] イベントがトリガーされることがあります。自動退出申請デバイスの品質や取り付け方法によっては、ドア付近のすべてのアクティビティに対してデバイスがイベントをトリガーする可能性があります。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[エリアビュー] タスクを開きます。
  2. 問題の原因となっているドアを選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  3. 次の [退出申請] オプションを必要に応じて設定します。
    アクセス許可後に「退出申請」を無視する時間
    アクセスが許可された後、ここで指定した期間が経過するまではすべての退出申請が無視されます。
    退出申請時にロック解除
    REX を使用していて、自動的に退出申請を許可する場合は、[オン] に設定します。
    ドア開放中は「退出申請」イベントを無視
    ドアが開かれている間、REX を生成しません。
    ドア閉鎖後に「退出申請」を無視する時間
    ドアが閉鎖された後、ここで指定した期間が経過するまでは [退出申請] イベントが生成されません。
  4. [適用] をクリックします。