Security Center で認証情報のカード形式が Active Directory と連動するしくみ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

認証情報の [カード形式] プロパティを Active Directory 属性にマップする場合、この属性には数値 (標準カード形式の場合) または正確なカード形式名 (テキスト) を格納する必要があります。

次に、Security Center でサポートされている標準カード形式とそれぞれの数値と、施設コード (会社 ID コード) の有効範囲、カード番号 (カード ID 番号)、または特定のカードタイプに関連付けられているその他のコードを記載します。

  • 0: 標準 26 ビット
    • 施設コードの範囲: 0 - 255
    • カード番号の範囲: 0 - 65 535
  • 1: HID H10306 34 ビット
    • 施設コードの範囲: 0 - 65 535
    • カード番号の範囲: 0 - 65 535
  • 2: HID H10302 37 ビット
    • 施設コードの範囲: 不要1
    • カード番号の範囲: 0 - 0 - 34 359 738 367
  • 3: HID H10304 37 ビット
    • 施設コードの範囲: 0 - 65 535
    • カード番号の範囲: 0 - 524 287
  • 4: HID Corporate 1000 (35 ビット)
    • 施設コードの範囲: 0 - 4095
    • カード番号の範囲: 0 - 1 048 575
  • 5: HID Corporate 1000 (48 ビット)
    • 施設コードの範囲: 0 - 4 194 303
    • カード番号の範囲: 0 - 0 - 8 388 607
  • 6: CSN (32 ビット)
    • 施設コードの範囲: 不要
    • カード番号の範囲: 0 - FFFFFFFF
  • 7: FASC-N 75 ビット
    • エージェンシーコード: 0 - 16 383
    • システムコード: 0 - 16 383
    • 認証情報番号: 0 - 1 048 575
    • 有効期限: 0 - 33554431
  • 8: FASC-N 200 ビット
    • エージェンシーコード: 0 - 9999
    • システムコード: 0 - 9999
    • 認証情報番号: 0 - 999999
    • CS (認証情報シリーズ): 0 - 9
    • ICI (個別認証情報発行): 0 - 9
    • PI (個人 ID): 0 - 99999999999
    • OC (組織カテゴリ): 0 - 9
    • OI (組織 ID): 0 - 9999
    • POA (個人/組織関連付け): 0 - 9
    • LRC (水平冗長文字): 0 - 9

1 CSV ファイル内で参照しているカード形式が HID H10302 37 ビットのみである場合、施設コードは不要なため、カード番号フィールドではなく Security Center カード・データ・フィールドにカード番号をバインドすることをお勧めします。認証情報カード・データ・フィールドには 1 つの値しか格納されないため、区切り文字は必要ありません。

重要: カスタムのカード形式の場合、その形式を作成するために使用したとおりのスペルを使用する必要があります。