エリアの構成タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[エリアビュー] タスクで使用できる、エリアのさまざまな構成タブの設定について説明します。

エリア - [ID] タブ

[ID] タブでは、標準エンティティの情報 (名称、説明、論理 ID など) に加えて、エリアの目的 (アクセスコントロールに使用するかどうか) を構成できます。
アクセスコントロール
[プロパティ] および [詳細] 構成タブを表示するには、[オン] に設定します。
注: このスイッチは、Synergis™ が機能として有効になっている場合にのみ表示されます。

エリア - [プロパティ] タブ

[プロパティ] タブでは、エリアとその周囲ドアにアクセスできるユーザーを定義します。
注: このタブは、Synergis™ が機能として有効であり、エリアの [ID] タブで [アクセスコントロール] が [オン] に設定されている場合にのみ表示されます。
アクセスルール
エリアにアクセスできるユーザーと時間を定義します。各ルールはドアの片側または両側に適用されます。
アクセスルール
カード所有者とカード所有者グループに、スケジュールに従ってエリアへのアクセス (入場、退場、またはその両方) を許可 (または拒否) するためのアクセスルールを追加します。
カード所有者、カード所有者グループ
常にこのエリアにアクセスできるユーザーを定義するため、カード所有者とカード所有者グループを追加します。
注: カード所有者に直接アクセスを許可するのは、一時的または例外的な状況だけにしてください。通常の設定としてカード所有者のグループに常にエリアへのアクセスを許可する必要がある場合は、[常時] スケジュールを使用してアクセスルールを定義します。
ドア
エリアの周囲ドアとキャプティブドアの両方を定義します。周囲ドアはエリアの入場と退場に使用され、アクセスの制御に役立ちます。キャプティブドアはエリア内部のドアです。ドアの各側を正しく設定することで、人数カウントとアンチパスバックが適切に追跡されます。ドアの入口側と出口側は構成対象のエリアに相対的です。
注: エリアに割り当てられたアクセスルールは、エリアのすべての周囲ドアに適用されます。各周囲ドアを独自のルールセットで管理する必要がある場合、各ドアに関するアクセスルールを構成します。

エリア - [詳細] タブ

[詳細] タブでは、エリアの詳細なアクセスコントロール動作を定義します。
注: このタブは、ライセンスで Synergis™ が有効であり、エリアの [ID] タブで [アクセスコントロール] が [オン] に設定されている場合にのみ表示されます。また、ライセンスのオプションによっては以下のプロパティの一部が表示されない場合があります。
アンチパスバック
アンチパスバックは、保護されたエリアに適用され、カード所有者が退場していないエリアに入場できないように (または入場していないエリアから退場できないように) するアクセス制限です。
ステータス
アンチパスバック機能をオンまたはオフにします。
スケジュール
アンチパスバックを常に適用する場合は、[常時] を選択します。
タイプ
適用するアンチパスバックのタイプ
ソフト
ソフトアンチパスバックはパスバックイベントのデータベースへの記録のみを行います。パスバックイベントによりドアがロック解除されることを妨げません。
ハード
ハードアンチパスバックは入場をデータベースに記録し、パスバックイベントによりドアがロック解除されることを妨げます。
プレゼンスタイムアウト
パスバック検出の目的で記憶するカード所有者がエリア内に滞在する時間 (分) を設定します (人数カウントには使用されません)。その期間が過ぎると、エリアを一度も離れなかったカード所有者はパスバックイベントをトリガーせずに再入場できます。デフォルト値のゼロ (0) 分はカード所有者の滞在がタイムアウトしないことを意味します。
注: グローバルアンチパスバックを有効にすると、該当期間中にエリアに対するカード所有者の入場または出場が報告されない場合、7 日後にエリア内のカード所有者の滞在は忘れられます。つまり、7 日間エリアでのカード所有者の動きが登録されなかった場合、そのカード所有者はパスバックイベントをトリガーすることなく、一度も離れなかったエリアに再入場したり、一度も入場しなかったエリアから離れることができます。このことは [プレゼンスタイムアウト] が無限 (=0) に設定されている場合も適用されます。
厳格
このオプションは両方のタイプのアクセス違反に対してパスバックイベントを生成するためにオンにします。つまり、カード所有者が一度も離れなかったエリアに再入場しようとする場合と、一度も入場しなかったエリアから離れようとする場合です。それ以外の場合、デフォルトは [オフ] に設定され、アンチパスバックロジックはエリア入場時にのみ検証され、カード所有者が一度も離れなかったエリアに再入場しようとする場合にのみ、パスバックイベントが生成されます。
要確認: 回転式改札口または一度に 1 人のみ通過を許可する同様の装置によって制御されないエリアで [厳格] および [ハード] アンチパスバックを有効にする場合、このエリアのモニタリングに責任を持つオペレーターにアンチパスバック違反の容赦権限を付与します。
注: 厳格アンチパスバックがオフの場合、Card-In/REX-out 周囲ドアを設置できますが、[プレゼンスタイムアウト] パラメーターを (> 0) に構成する必要があります。厳格アンチパスバックがオンの場合、すべての周囲ドアを Card-In/Card-Out として構成し、[プレゼンスタイムアウト] を無限 (= 0) に設定する必要があり、REX は構成できません。
最大収容数
最大収容数機能は、エリア内の人数を構成された限度に達するまでモニターします。限度に達した場合、このルールは追加のカード所有者へのアクセスを拒否するか ([ハード] に設定した場合)、追加のアクセスを許可しながらイベントをトリガーします ([ソフト])。.
ステータス
最大収容数の機能を有効にする場合は、[オン] に設定します。[最大収容数] 制限をエリアに対して有効にすると、次のイベントが生成されます。
  • 最大収容数に達しました: エリアでの収容数が構成済みの制限に達した場合。このイベントにより、エリアは警告状態になります。
  • 最大収容数が超過しています: 最大収容数を超えるカード所有者がエリアに入場した場合
  • 最大収容数に達していません: 収容数が構成済みの制限を下回った場合
タイプ
次のうちから選択します。
  • ハード: 最大収容数の制限に達すると、エリアの周辺ドアに対する以降のアクセス要求が拒否されます。
  • ソフト: 以降のアクセス要求は拒否されません。
最大収容数限度
エリアで収容できる人数を入力します。この値に達すると、制限がトリガーされます。
インターロック
Security Center は、一度に開くことができる周囲ドアを 1 つだけにすることで、エリアの周囲ドアのインターロックをサポートします。
ステータス
インターロック機能をオンまたはオフにします。この機能をオンにすると、特定の時刻に開くことができるエリアの周囲ドアが 1 つだけになります。ドアを開くには、他のすべてのドアを閉じる必要があります。
優先度
オーバーライド封鎖の両方の入力が構成されていて、両方が有効な場合にどちらが優先されるかを選択します。
オーバーライド
オーバーライドのキースイッチまたは反転スイッチに配線されている入力を選択します。スイッチをオンにすると、インターロック機能は無効になります。
封鎖
封鎖のキースイッチまたは反転スイッチに配線されている入力を選択します。スイッチをオンにすると、スイッチが通常の位置に戻るまで、すべての周囲ドアがロックされたままになります。
監督者先入ルール
監督者先入ルールは、保護されたエリアに適用され、監督責任を持つカード所有者が現場にいない限り、誰もエリアに入場できないようにするアクセス制限です。監督者先入ルールは、ドアのロック解除スケジュールアクセスルール、またはその両方に対して施行できます。
ドアのロック解除スケジュールで施行する
[オン] にすると、監督者にエリアへのアクセスが許可されるまで、すべてのドアロック解除スケジュールが無視されます。監督者先入ルールはエレベーターのロック解除スケジュールには影響しません。
アクセスルールで施行する
[オン] にすると、監督者がエリア内にいる間はアクセスルールが無視されます。監督者先入ルールを適用するタイミングはスケジュールで指定します。
監督者
エリアの監督者の役割を果たすカード所有者のリスト
除外リスト
監督者先入ルールが適用されている場合も引き続きアクセスルールに従うカード所有者のリスト
訪問者同行ルール
訪問者同行ルールは、保護されたエリアに追加で適用されるアクセス制限です。訪問者同行ルールが適用されているエリアでは、訪問者が滞在している間、その訪問者に付き添うカード保有者の同行が必要になります。同行者が割り当てられている訪問者には、訪問者とその同行者の両方が一定の期間内に認証情報を提示するまでは、アクセスポイントを通過する権限は付与されません。
注: 実際のホストは [訪問者管理] タスクで構成されます。訪問者が自分の認証情報を提示してからホストが自分の認証情報を提示するまでに許可される最大遅延時間は、ドアごとに別個に構成されます。
訪問者同行ルールの施行
[オン] にすると、訪問者に必須のホストが割り当てられている場合に、ホストが訪問者に続いて自分の認証情報を提示することが要求されます。
脅迫 PIN
脅迫 PIN 機能を使用すると、ドアのロック解除を強要されているカード所有者が侵入者への警告を行わずに [脅迫 PIN が入力されました] イベントをトリガーできるため、カード所有者の安全を確保しやすくなります。

エリア - [脅威] タブ

[脅威] タブでは、このエリアの脅威レベルが有効化または無効化されたときにシステムが特定のアクションを実行するように構成できます。
注: このタブは、脅威レベルのライセンスオプションが有効であり、システムに少なくとも 1 つの脅威レベルが構成されている場合にのみ表示されます。