レポートの生成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

任意のレポートタスクでレポートを生成するには、クエリフィルターを設定して、クエリを実行する必要があります。レポートの生成後、結果を処理できます。

このタスクについて

レポートタスクでは、調査とメンテナンスを目的に、Security Center システム内のエンティティ、アクティビティ、イベントに関するカスタマイズクエリを生成できます。ほとんどの調査タスクとメンテナンスタスクは、レポートタスクです。

Security Center で受信することのできるレポート結果の最大数は 10,000 です。デフォルトでは、結果の最大数は 2000 です。この値は、Security Center の [オプション] ダイアログボックスのパフォーマンスセクションで変更できます。

結果の数が 10,000 を超えるレポートを生成する場合、レポートを生成して保存 コマンドを使用します。

注: 以下の手順はレポートの実行に関する一般的な処理を説明しているにすぎません。

手順

  1. 既存のレポートタスクを開くか、新しいレポートタスクを作成します。
  2. [フィルター] タブで、クエリフィルターを使用し、カスタマイズされた検索を作成します。
    注: フィルターの一部には [すべて選択] ボタンがあります。このボタンは選択可能なエンティティの数が 100 を超える場合は表示されません (たとえば、1500 人分のカード所有者のリストがある場合など)。これは、照会するエンティティの数が多すぎるとレポートの生成が長時間になるためです。
  3. レポートの作成対象とする日付と時刻の範囲を設定します。
  4. [レポートを生成] をクリックします。
    無効なフィルターがある場合、[レポートを生成] ボタンは使用できません。
    重要: LPR データを含む任意のレポートを生成する際、[理由が必要です] ダイアログが表示されます。

    これにより、LPR 検索の理由がログに記録され、アクティビティ証跡 (生成されるレポート) の監査ログに追加されるので、確実に法規制へのコンプライアンスを行えます。

    クエリ結果はレポートパネルに表示されます。
    ヒント: 結果を列別に並べ替えることができます。タイトル行を右クリックして列を選択し、必要に応じて列を追加または削除することもできます。
  5. クエリ結果を分析します。
    クエリ結果はレポートタスクのタイプによって異なります。クエリ結果に動画シーケンスまたは LPR データが関連付けられている場合、レポートアイテムをタイルにドラッグすることで、キャンバスに表示することができます。
  6. クエリ結果を処理します。
    クエリ結果内のアイテムに応じて、レポートの印刷、Excel または PDF 文書としてのレポートの保存、動画シーケンスのエクスポートなどを行うことができます。
  7. (オプション) レポートをテンプレートとして保存します。

    レポートレイアウト (クエリフィルターおよびレポート列) をテンプレートとして保存した場合、レポートを電子メールで送信 アクションを使用して別のユーザーまたはワークステーションに送信できます。

詳細については、この動画をご覧ください。使用可能ないずれかの言語で動画字幕をオンにするには、字幕アイコン (CC) をクリックしてください。Internet Explorer を使用すると、動画が表示されない場合があります。この問題を解決するには、[互換表示設定] を開いて [イントラネット サイトを互換表示で表示する] をオフにします。