I/O ゾーン - [プロパティ] タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

I/O ゾーンの [プロパティ] タブでは、当該ゾーンを定義する入力、ゾーンが監視およびアクティブ状態になっているときにトリガーされる出力リレーおよび適用する出力の挙動を構成できます。

メンテナンス
[オン] に切り替えると、ゾーンがメンテナンスモードになります。メンテナンスモードになっている間、ゾーンは監視解除され、[通常] 状態に戻ります。この間はイベントは生成されず、出力の挙動はトリガーされません。さらに、[トラブル] イベントも生成されません。
監視スケジュール
ゾーンを監視する期間に対応するスケジュールを選択します。
例外
ゾーンの監視解除期間に対応するスケジュールを選択します。例外スケジュールは監視スケジュールよりも優先されます。
マスターユニット
ゾーンの作成時に I/O リンクを処理するために選択された Synergis™ ユニットを示します。マスターユニットがダウンすると、I/O ゾーンも機能しなくなります。
入力
ゾーンの状態を評価するために組み合わせて使用する入力を選択します。入力が属する Synergis™ ユニットはそれぞれ異なっていても構いませんが、同じ Access Manager で制御されるユニットであることが必要です。
重要: 入力が同じ Synergis™ ユニットに属しているわけではない場合、Access Manager で [ピアツーピアの有効化] オプションを選択する必要があります。
出力
ゾーンが監視対象になりアクティブ状態になったときに、構成済み出力の挙動の送信先の出力リレーを選択します。ゾーンが監視されているかどうかにかかわらず、トラブル状態になった時点で出力をトリガーするようにゾーンを構成することもできます。出力が属する Synergis™ ユニットはそれぞれ異なっていても構いませんが、同じ Access Manager で制御されるユニットであることが条件となります。
重要: 出力リレーが同じ Synergis™ ユニットに属しているわけではない場合、Access Manager で [ピアツーピアの有効化] オプションを選択する必要があります。
要確認: できる限り、マスターユニット上の出力リレーを使用します。これにより、1 つ以上のスレーブユニットが停止した場合に I/O ゾーンは継続して機能できます。
出力の挙動
出力リレーに送信する出力の挙動を選択します。
ゾーンが監視解除されている場合のトラブル発生時の出力の有効化
ゾーンが監視されているかどうかにかかわらず、トラブル状態になった時点で常にイベントと出力リレーがトリガーされるようにするには、このオプションを選択します。
復帰先
ゾーンが通常状態に戻った時点で出力リレーに送信する出力の挙動を選択します。
関連イベント
ゾーンの状態を表すイベント。ゾーンの状態を無視する場合は、[なし] を選択します。
通常状態
入力の組み合わせがゼロ (0) になる場合
アクティブ状態
入力の組み合わせが 1 になる場合
トラブル状態
監視対象の入力が少なくとも 1 つ必要です。少なくとも 1 つの入力がトラブル状態になったときに、ゾーンはトラブル状態になります。トラブル状態は他のどの状態よりも優先されます。
しきい値の再有効化
同じイベントを再トリガーしない期間