アラームを手動でトリガーする - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

作成したアラームをテストする場合、または重大な事態が発生してアラームを有効にする必要がある場合は、アラームを手動でトリガーできます。

始める前に

  • アラームが Config Tool で構成されている必要があります。
  • [モニタリング] タスクからアラームをトリガーする場合は、アラームのモニタリングを有効にする必要があります

手順

アラームを手動でトリガーするには:

次のいずれかの操作を実行します。
  • Config Tool の [アラーム] タスクでアラームを選択し、ワークスペースの下部にあるツールバーで [アラームをトリガー] () をクリックします。
  • Security Deskの通知トレーで [ホットアクション] () > [手動アクション]の順にクリックします。[アラームをトリガー] () をクリックし、アラームを選択してから [OK] をクリックします。
  • Security Desk の [アラームのモニタリング] タスクまたは [モニタリング] タスクで [アラームをトリガー] () をクリックし、アラームを選択してから [アラームをトリガー] をクリックします。

タスクの結果

Security Desk にログオンしている構成済みのアラーム受領者のすべてがアラームを受領します。