Security Center Directory データベースをアップグレードする - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center 5.8 インストーラーは、メインサーバーのアップグレードプロセスの一環として Directory データベースをアップグレードします。Directory データベースの手動アップグレードが必要になるのは、データベースの古いバージョンを復元した場合のみです。

このタスクについて

Directory データベースの古いバージョンを復元した後、Server Admin からデータベースの更新が必要であることが通知されます。

手順

  1. 次のいずれかの操作を実行します。
    • 赤色の LED が点滅している [データベース] をクリックします。
    • [Directory] セクションで、[データベース更新] () をクリックします。
    Directory データベースの更新が開始し、データベースサーバーのステータスが [アップグレード中] として示されます。
  2. データベースのアップグレード中に [進捗を表示] () をクリックすると、アップグレードの進捗状況が表示されます。
    アップグレードが完了すると、[ステータス] に [OK] と示されます。
  3. [データベースプロパティ] () をクリックして、データベースのバージョンとデータベース内のエンティティの数を確認します。
  4. Server Admin からログオフし、再度 Config Tool にログオンします。
  5. [システム] タスクを開き、[ロール] を選択します。
  6. Archiver ロールを選択し、[リソース] をクリックします。
  7. [アクション] セクションで、[データベース更新] () をクリックします。

    アップグレードが完了すると、[データベースのステータス] に [接続済み] と示されます。
  8. データベースの更新が必要なすべてのロールについて、以上のステップを繰り返します。システム上のロールによって、ライセンスオプションが異なります。

次のタスク

Archiver データベースを縮小します。また、必要に応じて、アップグレードした他のデータベースも縮小します。